8.27. チャンネル分解

8.27.1. 概観

図16.200 画像の分解 (RGB)

画像の分解 (RGB)

元画像

画像の分解 (RGB)

分解したチャンネルをレイヤーに展開する にチェックなし、 RGB 分解でチャンネル分解コマンドを適用


図16.201 画像の分解 (RGB)

画像の分解 (RGB)

元画像

画像の分解 (RGB)

分解したチャンネルをレイヤーに展開する にチェックあり、 RGB 分解でチャンネル分解コマンドを適用


チャンネル分解... コマンドは画像をチャンネル (RGBHSVCMYK …) に分解しそれらを元に複数の画像もしくは複数のレイヤーからなる画像を生成します。

8.27.2. コマンドの呼び出し方

  • 画像ウィンドウのメニューより 色要素チャンネル分解...

8.27.3. オプション

図16.202 チャンネル分解コマンドのオプション

「チャンネル分解」コマンドのオプション

取り出すチャンネル

つぎのオプションについては 分解したチャンネルをレイヤーに展開 にチェックが入っていることを想定して説明しています。

色モデル
RGB

If the RGB option is chosen, a gray level image is created with three layers (Red, Green and Blue), and two channels (Gray and Alpha).

This function is interesting when using the Threshold tool. You can also perform operations like cutting, pasting or moving selections in a single RBG channel. You can use an extracted grayscale layer as a selection or mask by saving it in a channel (select the whole or a part of the layer, then SelectSave to a channel ).

RGBA

If the RGBA option is chosen, an image is created similar to the RGB Decomposing with an additional Alpha layer filled with the transparency values of the source image. Fully transparent pixels are black and fully opaque pixels are white.

アルファ

This option extracts the image transparency stored in the Alpha channel in the Channel dialog in a separate image. The fully transparent pixels are Black the fully opaque pixels are white. The graytones are smooth transitions of the transparency in the source image.

HSV

This option decomposes image into three grayscale layers, one for Hue, one for Saturation and another for Value.

Although Hue is grayscale, it does represent hues. In color circle, white and black are starting and arrival points and are superimposed. They represent Red color at top of circle. Gray intermediate levels are corresponding to intermediate hues on circle: dark gray to orange, mid gray to green and light gray to magenta.

彩度明度 のレイヤーでは白が最大彩度 (純粋色) と最大明度 (極端に明るい) を示します。 黒は最小彩度 (白) と最小明度 (黒) を示します。

HSL

HSL オプションは HSV オプションに似ています。 しかし 3 層目のレイヤーは明度 (Value) の代わりに L 成分[輝度]が元となっています。

CMYK

This option decomposes an image into four grayscale layers, one for Yellow, one for Magenta, one for Cyan, and one for Black.

This option can be useful to transfer an image into printing software with CMYK capabilities.

LAB

This option decomposes image into three grayscale layers, layer L for Luminance, layer A for colors between green and red, layer B for colors between blue and yellow.

LAB分解は明るさ-色モデルの一種です。 ひとつのチャンネルで光度を示し残りの 2 つのチャンネルで色を示します。 L*a*b*色モデルは Photoshop で使用されています。

LCH

This option decomposes image into three grayscale layers, layer L for Luminance, layer C for Chroma, and layer H for Hue.

The LCH Decomposing is a color model of the Luminance-Color family.

YCbCr ITU R470, YCbCr ITU R470 256, YCbCr ITU R709, YCbCr ITU R709 256

In GIMP there are four YCbCr decompositions with different values. Each option decomposes an image in three grayscale layers, a layer for Luminance and the other two layers for blueness and redness.

The YCbCr color model, also called YUV, is now used for digital video (initially for PAL analog video). It's based on the idea that the human eye is most sensitive to luminosity, next to colors. The YCbCr Decomposing uses a transformation matrix and the different options are different values recommended by ITU (International Telecommunication Union) applied to the matrix.

分解したチャンネルをレイヤーに展開する

If this option is checked, a new grayscale image is created, with each layer representing one of the channels of the selected mode. If this option is unchecked, every channel is represented in its own image and clearly named in the name bar.

描画色のピクセルをマーカーとして出力する

例16.1 切り取りトンボ印

元画像

シアン成分

黒成分

(マゼンタとイエローは省略)


このオプションはスペシャリストのために設けられました。 CMYK 印刷に関連があります。 ここを有効にすると、 元画像で現在の描画色と同じ色をもつ画素がどの生成画像でも黒く塗られます。 これはチャンネルを分解してできたそれぞれの画像もしくはレイヤーに及びます。 この機能でどのチャンネルでも見えるしるしができますのでこれを基準に切り抜いて版を揃えるのに使えます。 登録した黒でトンボ印を印刷物に刷り込めば印刷原版の位置が揃っているかどうか検査するのに使えます。