5.2. パスの性質

パスはレイヤーやチャンネルと同じく、 画像の一部です。 画像を GIMP 由来の XCF ファイル形式で保存すれば、 画像上のパスはすべて一緒に保存されます。 パスダイアログ を使えば画像に収められたパスの一覧を見回して選びだし、 さらに手を加えることも可能です。 パスを画像から他の画像へと移動させるには、 パスダイアログの脈絡メニューで写し取りと貼り付けをするか、 パスダイアログからアイコンを相手の画像ウィンドウ上にドラッグして放ってください。

GIMP のパスは数学でいうところのベジエ曲線に属しています。 その語句の実践的な意味は、 この曲線が アンカーハンドル で定義されるということです。 アンカーはパスが通る点です。 ハンドルはアンカー点に入って抜けるそれぞれのパスの方向を定めます。 アンカーひとつにつき 2 つのハンドルがついています。

Paths can be very complex. If you create them by hand using the Paths tool, they probably won't contain more than a few dozen anchor points and usually a less than that. However, if you create them by transforming a selection into a path, or by transforming text into a path, the result can easily contain hundreds or even thousands of anchor points.

パスには数本の 成分 が入れられます。 成分は一本のパスとそれに貫かれたたくさんのアンカー点からなります。 数本の成分をまとめてパスに含められることによって、 それを選択に変換したときに飛び地のある選択が作れます。

パスの成分はそれぞれ 開いた ものか 閉じた もののいずれかです。 閉じた成分は終点のアンカーが始点のアンカーに繋っています。 パスを選択に変換するときには、 開いた成分はいずれも終点から始点まで自動的に直線で結ばれ閉じられてから変換されます。

パスの線分は直線にも曲線にもなります。 線分が直線だけで構成されているパスは多角形といいます。 パスを作成するとき、 新たに追加される線分はいつも直線です。 新設されたアンカー点のハンドルはアンカーの真上に置かれた状態で現れるので、 ハンドルの長さが 0 となりますから直線の線分となるのです。 ハンドルをドラッグしてアンカー点から離すと、 その線分が曲線になります。

One nice thing about paths is that they use very few resources, especially in comparison with images. Representing a path in RAM requires storing only the coordinates of its anchors and handles. Therefore, it is possible to have literally hundreds of paths in an image without causing any significant stress to your system. Even a path with thousands of segments consumes minimal resources in comparison to a typical layer or channel.

Paths can be created and manipulated using the Paths tool.