第7章 GIMP でお絵描き

目次

1. 選択
1.1. 境界のぼかし
1.2. 不完全透過な選択の作成
2. 選択範囲の作成と利用
2.1. 選択範囲の移動
2.2. 選択範囲の加減
3. クイックマスク
3.1. 概観
3.2. 属性
4. クイックマスクのモードを利用
5. パス
5.1. パスの作成
5.2. パスの性質
5.3. パスと選択範囲
5.4. パスの変形
5.5. パスの境界線を描画
5.6. パスとテキスト
5.7. パスと SVG ファイル
6. ブラシ
7. ブラシの追加
8. GIH ダイアログ
9. Changing brush size
9.1. How to change the size of a brush
9.2. ブラシの手早い作成
10. グラデーション
11. パターン
12. パレット
12.1. カラーマップ
13. プリセット
14. 単純なものの描画
14.1. 直線の引き方
14.2. 基本図形を描画

1. 選択

画像の加工をする際に、 部分的に限定して操作したい場合がよくあります。 GIMP ではその部分を 選択 することで作業をすすめます。 どんな画像もそれぞれに 選択範囲 をひとつ持っています。 GIMP の操作はほとんどすべて画像の選択範囲に対してのみ及ぼされます。

図7.1 どうすればこの樹を単独にできるか?

どうすればこの樹を単独にできるか?

いかに的確に選択をするかが結果を大きく左右するとの事例は枚挙に暇がありませんが、 なかなか容易くは為し得ません。 たとえば上図の画像の問いには、 背景を残し中央の樹を切り取って、 別の画像に樹のほうを貼りつけようかと思っています。 この作戦では樹の部分だけを選択しなければなりません。 そこが難しいところで、 樹の形は複雑ですしところどころ背景の物体と見分けがつかなくなっています。

図7.2 普段、 選択範囲を示すのは破線だ。

普段、 選択範囲を示すのは破線だ。

さてここからが大変重要なところですが、 理解するまでにはちょっと骨が折れます。 通常は選択範囲をとると、 その領域は画像上では破線で囲われて見えています。 これを見れば選択とは境界線により区切られた、 内側の選択範囲と外側の非選択範囲をつくるというのがおおよその考え方でしょう。 この概念はたしかにさまざまな場面で有効ですが、 実際は不正確です。

実を言うと選択の実装は チャンネル でできています。 内部構造的には、 選択のチャンネルは赤・緑・青およびアルファのチャンネルとは別に設けられます。 そして画像の各画素 (ピクセル) ごとに、 0 (非選択) から255 (完全選択) までの値を定めることで選択は成り立っています。 こうしたやり方が有利なのは、 画素によっては 0 でも 255 でもない中間の値をとることで 不完全選択 が可能になるからです。 今後は選択と非選択の間のゆるやかな変化を必要とする場面にたびたび遭遇することになるでしょう。

では一体、 選択範囲をつくったときにできる点線は何なのでしょう。

答えは 等高線 です。 この点線は選択の比率の値が半分以上の領域と半分未満の領域との境目を示しています。

図7.3 クイックマスクモードでの同じ選択範囲

クイックマスクモードでの同じ選択範囲

これからは選択を示す破線を見るたびに、 それが真実の一端に過ぎないということを意識するようにしましょう。 選択を完全に詳しく見るために、 「クイックマスク」 が用意されています。 これは画像ウィンドウの左下にあるクイックマスクボタンを押すだけですのでとても簡単ですね。 選択は画像上の透明な覆いとして表示されます。 選択範囲は透過して見え、 非選択範囲は赤くなります。 選択の度合いが強いほど赤色が薄くなっています。

クイックマスクを有効にしているときは クイックマスクの概観 でわかるように数多くの操作が普段と異なるものになります。 画像ウィンドウの左下隅のクイックマスクボタンをクリックするとクイックマスクのモードと通常のモードを交互に切り替えられます。

図7.4 境界をぼかしたあとのクイックマスクモードの様子

境界をぼかしたあとのクイックマスクモードの様子

1.1. 境界のぼかし

矩形選択をはじめとする基本的な選択ツールは、 初期設定では明確な選択範囲をつくります。 破線の内側の画素は完全選択がなされ、 外側は全くの非選択です。 クイックマスクに切り替えて確かめてみましょう。 くっきりとした境目がある明瞭な矩形が現れ、 一様な赤の領域で囲まれています。 ツールオプションの 境界をぼかす というチェックボックスを使うとなだらかな選択とくっきりした選択を切り替えられます。 ぼかしの 半径 は漸進変化の始めと終わりの間の距離を定めており、 調節できます。

演習を実践されているのならば、 矩形選択ツールで試してみて、 クイックマスクに切り替えてみましょう。 点線でははっきりと矩形に見えていた選択範囲の境界線が曖昧なものであることがわかります。

切り取って貼り付ける作業には境界をぼかす方法がうってつけです。 貼り付けられた部品が目立たずなめらかににその背後と溶け合います。

選択はいつでもその境界をぼかすことができます。 つまり具体的には、 元は明瞭な線でできていた選択をあとからぼかせるということです。 その方法は、 画像ウィンドウのメニューから 選択境界をぼかす... に進んで選択範囲の境界をぼかすダイアログウィンドウを開き、 線をぼかす量を調節してから OK をクリックします。 その逆に画像ウィンドウのメニューから 選択境界を明確化 を選ぶとぼやけた輪郭線を一切か無かの明確なものに変える操作ができます。

[注記] 注記

技術的な話題ですが、 境界のぼかしは ガウスぼかし を使用しており、 与えられた量をぼかし半径として選択チャンネルに作用させています。

1.2. 不完全透過な選択の作成

レイヤーは透明度を設定できますが、 選択は同じようにはできません。 しかしガラスのような透明の画像が作れたら非常に便利です。 レイヤーの不透明度の設定はつぎのような手順でできます。

  • 単純な選択であれば、 消しゴムツールを使います。 不透明度はお好みで調節できます。

  • For complex selections: use SelectFloat to create a floating selection. This creates a new layer with the selection called Floating Selection (「選択範囲のフロート化」). Set the opacity slider in the Layer Dialog to the desired opacity. Then anchor the selection: outside the selection, the mouse pointer includes an anchor. When you click while the mouse pointer includes the anchor, the floating selection disappears from the Layer Dialog and the selection is at the right place and partially transparent (anchoring works this way only if a selection tool is activated : you can also use the Anchor Layer command in the context menu by right clicking on the selected layer in the layer dialog).

    この方法を頻繁に使われるのならば、 Ctrl+C で選択を写し取り、 Ctrl+V で貼り付ければフロート選択ができますから、 画像ウィンドウのメニューから レイヤー新しいレイヤーの追加... する方法でもフローティング選択範囲を新規のレイヤーにできます。 このレイヤーの新規作成の前でもあとでもレイヤーの不透明度が調節できます。

  • また別の方法では、 画像ウィンドウメニューから レイヤーレイヤーマスクレイヤーマスクを追加... で出てきたレイヤーマスクを追加ダイアログで レイヤーマスクの初期化方法選択範囲 を選んで追加を実行します。 つぎはそこに、 任意の不透明度を設定したブラシで黒く塗れば、 塗ったぶんだけ透明度が増します。 最後に レイヤーレイヤーマスクレイヤーマスクの適用 を行なって終了です。 「レイヤーマスク」 の節もご覧ください。

  • 画像の背景を一様に透明化 したいときは、 アルファチャンネルを追加してから 「ファジー選択 (魔法の杖; 自動選択)」 で背景を選択します。つづいて 「スポイト (カラーピッカー)」 で背景色を取り込んだ色に対して 「塗りつぶし」 ツールを使います。 色消しゴム モードにすると描画色に指定された色の画素は消され、 その他の画素は不完全に消去されるため色が変化します。

    最も単純なのは 編集消去 する方法で、 選択範囲が完全透過になります。