12.11. ステンシルクローム...

12.11.1. 概観

図17.273 ステンシルクロームフィルターの使用例

ステンシルクロームフィルターの使用例

元画像

ステンシルクロームフィルターの使用例

ステンシルクロームフィルター適用後


ステンシルクローム... フィルターはあのなつかしいクローム効果がつけられるスクリプトです。 元画像はアルファチャンネルの無い 1 層だけのレイヤーからなるグレースケール画像でなくてはなりません。 この画像はクローム効果のマスク (stencil) として使われます。

スクリプトはクローム効果のかかった画像を新たに作成します。 選択範囲がなければ画像全体に適用された結果を、 選択範囲があればその範囲だけ適用され素敵な背景がついた結果が新しい画像に現れます。

12.11.2. フィルターの呼び出し方

This filter is found in the image window menu under FiltersDecorStencil Chrome….

[ティップ] ティップ

原稿画像がグレースケールなのにこのコマンド項目が灰色無効なままで使えないときは、 原稿画像にアルファチャンネルが加わっていないか確かめ、 あれば削除してください。

12.11.3. オプション

図17.274 ステンシルクロームのオプション

ステンシルクロームのオプション

クローム彩度, クローム明度

このオプションは、 作成されるChromeレイヤーの 彩度と輝度 の調整に使えます。 負の値は彩度を低くし、 輝度を落とします。

クローム率

この値はChromeレイヤーとHighlightレイヤーを作成する際のオフセット値、 ぼかし半径、 ブラシサイズを調整するために使われます。 背景が作成されるときはDrop Shadowレイヤーにも影響があります。

値を下げるとクローム効果のはたらきが悪くなりがちなので十分ご注意ください。 既定の値 0.75 が最良のようです。

環境マップ

環境マップはノイズのような効果をつける画像のことです。 つぎの例のようにはっきりした形が描かれた単純なマップを使うと最高の仕上りになります。

簡明な環境マップを使う

環境マップもグレースケール画像でなくてはなりません。 画像の大きさは問われません。 マップ画像は元の画像の大きさに合うように縦と横にそれぞれ拡大もしくは縮小されます。

ハイライトバランス

この色はHighlightレイヤーの カラーバランス を変更するのに使われます。 赤・緑・青がそれぞれのオプションに応じて強まります。

赤・緑・青のいずれの色も値が 230 を超えぬようにしてください。

クロームバランス

Chromeレイヤーの カラーバランス を変更するのに使われることを除けばハイライトバランスと同じです。

白い部分をクローム化

このオプションが有効 (既定ではチェックが入っている) ならば、 元画像はマスクとして用いられます。 チェックを外すと元画像は 明度を反転 して使われます。

12.11.4. クローム効果が生まれるしくみ

以下の節ではこのスクリプト (実際これは Script-Fu で書かれている) がどうやってクローム効果を発揮するのかについて簡潔に述べています。

このフィルターを画像に適用したあと、 生成された画像について レイヤーダイアログ をご覧いただくと、 とくにChromeHighlightの 2 層のレイヤーがクローム効果を生むのに使われていることがわかります。 これらのレイヤーはつぎのようにして生成されます。

  1. スクリプトはまず元画像をいくぶん単純化しぼかしをかけたものからレイヤーを作成します。 白い部分をクローム化 を無効にした場合は白黒反転させた元画像がもとになります。

    クローム率 によりそのレイヤーの様相が調整されます。

  2. 環境マップ画像は元画像の大きさに合わせて拡縮され、 ぼかしがかけられてさきのレイヤー上に透明度 50% で重なります。 (冒頭の 適用例画像 から子猫を見付けられますか?)

    環境画像を統合

  3. できたレイヤーの明るさ (明度) が強度スプライン曲線に従って変更されます。

    強度曲線を変更

  4. 元画像 (クロームステンシル) で初期化されたレイヤーマスクが加わります。 これが最終段階でChromeレイヤーとなります。

    HighlightレイヤーはChromeレイヤーに白ブラシで描いたレイヤーマスクがついた複製です。

    クロームとハイライトの各レイヤーの初期段階

  5. 両レイヤーともカラーバランスが変更を受けます。 (ハイライトバランスクロームバランス がそれぞれに関わります。) ハイライト部分を強調しつつ赤・緑・青の各色の値が増やされる処理です。

    さらに、 Chromeレイヤーの彩度と輝度が変更を受けます。 (クローム彩度クローム明度 が関わります。)

    クロームレイヤーとハイライトレイヤー

ドロップシャドウがつき背景レイヤーが加わるとステンシルクロームフィルターのような 適用例画像 となります。