2.4. カラーマップダイアログ

図15.16 6 色のインデックス化画像とそのカラーマップダイアログ

6 色のインデックス化画像とそのカラーマップダイアログ
6 色のインデックス化画像とそのカラーマップダイアログ

カラーマップダイアログ (カラーマップというよりはインデックス化パレットのほうがダイアログの名前としてふさわしい) はインデックス化画像のカラーマップを変更するのに使えます。 (もし画像がインデックス化されておらず RGB やグレースケールのモードだった場合は、 このダイアログは空になり利用できません。)

2.4.1. ダイアログの呼び出し方

カラーマップダイアログはドッキング可能です。 その扱い方については 「ダイアログとその合体」 の節をご覧ください。

呼び出し方はつぎのとおりです。

  • 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログカラーマップ

  • 任意のドッキング可能なダイアログのアイコンボタン をクリックすると出てくるタブメニューより タブの追加カラーマップ

ダイアログが少なくともひとつ開かれておれば、 ウィンドウ メニューに 切り放したウィンドウ のリストが現れます。 このときは画像メニューより ウィンドウカラーマップ と進めばカラーマップダイアログを浮かび上がらせられます。

2.4.2. カラーマップとインデックス化カラー画像

インデックス化された画像では、 各画素に直接色を与える方法 (つまり RGB 画像やグレースケール画像での方式) をとらず、 色は カラーマップ と呼ばれる対照表を通す遠回りな方法で画素に与えられます。 [各画素には対照表への参照番号が記録されます。]

GIMP は画素に表示する色を判定するときに画像のカラーマップを見て、 参照番号に割り当てられた色を出します。 インデックス化画像はそれぞれ固有のカラーマップを持っています。 GIMP ではカラーマップに並べられる色数は最大で 256 色の制限があります。 カラーマップは最大色数ならば 0 から 255 までの、 索引番号のひとつひとつに任意の RGB 色が割り振られます。 対照表に登録できる色には何ら制限はなく、 その順序も問いません。 どの索引番号にどの色を結び付けても構わないのです。

インデックス化カラー画像で 使える 色はカラーマップに 登録されている色に限られる ことは重要ですのでしっかり理解してください。 つまり使いたい色が他にあれば最大色数が許す範囲で再登録すればよいとも言えます。 この制約は GIMP での大多数の操作に大きな影響を及ぼします。 たとえば、 パターンで埋め尽くそうとするとほとんどの場合カラーマップには同等な色が見付からないので、 GIMP は一番近そうな色で近似を行ないます。 この処理に 量子化 を援用することもよくあります。 カラーマップの制約が大きかったり色数が乏しいと仕上がりはほぼ確実に非常に貧弱な画質になります。

カラーマップダイアログで画像のカラーマップを変更できます。 新たに登録項目を作成したり既存の項目の色を別の色に変えたりします。 既に使用されている参照番号に対する色を変更すると画像上にもその変更が反映され、 その色を参照しているすべての画素の色が一斉に入れ替わります。 ダイアログの色表では 0 番の色が左上隅に、 1 番の色がその右隣に…のように並んでいます。

2.4.3. カラーマップダイアログの利用法

このダイアログを使うとできることはつぎのとおりです。

色見出しをクリック

するとクリックした色が (ツールボックスの色標識で表示されている) GIMP 描画色になります。 そのあとは塗色操作にこの色が使えるようになります。

Ctrl キーを押しながら色見出しをクリック

するとクリックした色が (ツールボックスの色標識で表示されている) GIMP 背景色になります。

色見出しをダブルクリック

するとクリックした色が GIMP 描画色になり、 さらにインデックスカラーの変更ダイアログが開かれてカラーマップ上のその項目の色を別の色に変更できるようになります。

カラーインデックス

カラーインデックス の数値欄に索引番号を記入したりスピンボタンを操作して色見出しが指定できます。 そのほかクリックで選択した色見出しの色の索引番号がこの数値欄に表示されます。

HTML 表記

HTML 表記 の数値欄は現在選択されている検索番号に登録されている色を、 16進表記 (HTML で使われているものと同じ) で表示します。 お望みならば色編集ダイアログを呼び出さなくても直接 RGB 値をここに記入して色を指定する方法がとれます。 用語集の HTML 表記法 をご覧ください。

色の変更...

「色を編集」 このボタン (ダイアログの左下にある) をクリックするとインデックスカラーの変更ダイアログが開かれ、 現在選択しているカラーマップの索引項目の色がそこで変更できます。 色見出しをダブルクリックしたときと似ていますが、 このボタンを使った場合は GIMP 描画色の変更はありません。

色を追加

このボタン (ダイアログの右下にある) でカラーマップに新たに色を追加できます。 このボタンをクリックしたときの描画色 (ツールボックスの色標識に表示されている) がカラーマップの最後尾に付け加えられます。 一方でクリックする際に Ctrl キーを押していた場合は背景色が加えられます。 (ただしもしカラーマップに 256 色の項目が既に登録されて満杯になっていたときは、 このボタンは灰色無効で使用できません。)

[ティップ] ティップ

カラーマップダイアログでの作業も作業履歴に記録されますので、 何か失敗したときはそのカラーマップに直接関わる画像を活性化してから、 Ctrl+Z の組み合わせを押すか画像ウィンドウのメニューより 編集… を元に戻す (…には直前の操作の名前が入る) を実行すれば取り消せます。

[注記] 注記

このダイアログならインデックス化カラー画像のカラーマップを変更する通常の処理はほとんどこなせます。 明るさ-コントラストツールや色相-彩度ツールなどの色ツールではインデックス化カラー画像の加工ができません。 一方でプラグインのなかには僅かですが正規化色強調コントラスト伸長をはじめインデックス化カラー画像を操作できるものがあります。

[注記] 注記

インデックス化カラー画像に塗った色がカラーマップになかった場合は、 GIMP はカラーマップにあるよく似た色を代わりに使って発色させます。

2.4.4. カラーマップの脈絡メニュー

カラーマップダイアログの色見出しのいずれかをマウスで 第2ボタン クリックすると、 その色が選択されるとともにサブメニューが開かれます。

図15.17 カラーマップの脈絡メニュー

カラーマップの脈絡メニュー

色の変更...

色の変更... は色を探るダイアログを開きますから、 そこで現在選択している索引番号に対する色を変更できます。

描画色をマップに追加

このコマンドはインデックス化パレットの色数が 256 色に満たない場合にのみ現れます。 ツールボックスでも表示されている背景色がカラーマップに付け加えられます。

背景色をマップに追加

このコマンドはインデックス化パレットの色数が 256 色に満たない場合にのみ現れます。 ツールボックスでも表示されている描画色がカラーマップに付け加えられます。

インデックスカラーの並べ替え...

「インデックスカラーの並べ替え...」 に説明があります。