5.6. テキスト

図14.178 ツールボックス上のテキストツールアイコン

ツールボックス上のテキストツールアイコン

テキストツールは画像内に文字や語句を置くために使います。 GIMP 2.8 では画像に文字を直接書き込めます。 テキストエディターはもう必要なくなりました (とはいえツールオプションダイアログの エディターウィンドウで編集 を有効にすればウィンドウからも記入できます)。 テキストツールバーができたのでここからも操作が可能になりましたが従来どおりテキストオプションダイアログを使って相互対話的に文字のフォントを換えたり色や大きさを設定したり、 調整したりもできます。 画像上の文字枠を 第2ボタン でクリックすると脈絡メニューが出てきますのでここからでもテキストを コピー貼り付け読み込みなどができます。

文字を打ち込むとすぐさまその文字が画像上に矩形の枠で囲まれて出現します。 先に矩形の枠を描けば、 書き込んだ文字は枠の大きさに合わせて自動適合します。 枠は選択範囲の枠と同じ方法で拡大できます。

In this chapter, tool options will be described. To know how to use the Text tool, please refer to text management.

5.6.1. 呼び出し方

このツールを起用する方法はつぎのいずれかです。

  • 画像ウィンドウのメニューより ツールテキスト

  • ツールボックスのツールアイコン

  • キーボードショートカット T

5.6.2. オプション

図14.179 テキストツールのツールオプション

テキストツールのツールオプション

一般的にはこのツールを起用すると、 そのツールオプションがツールボックスの下に繋げられたウィンドウ上に現れます。 そのようなウィンドウが見あたらないときは、 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログツールオプション と辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

フォント

フォントボタン をクリックすると簡易型フォント選択ウィンドウが開きます。 ここからシステムにインストールされているフォントや、 GIMP のフォントディレクトリーに追加したフォントが選べます。

フォント選択ウィンドウの底部のアイコンボタンでつぎの操作ができます。

インストールされているフォントからいずれかを選択します。 テキストレイヤーを活性化してからフォントを変更すると直ちに画像にもそのフォントが適用されます。

[ティップ] ティップ

ポインティングデバイス (マウスなど) についているスクロールホイールをフォントボタン上で回すとテキストに使われているフォントを素早く変更できます。 この操作ではクリックする必要はなく、 マウスホイールだけを使用します。

サイズ

ここでフォントの大きさを調節できます。 単位も数種類から利用できます。

エディターウィンドウで編集

画像に直接書き込み編集するのではなく画像ウィンドウの外にエディターウィンドウを開いてそこでテキストを編集します。

なめらかに

アンチエイリアス処理は文字の筆画の縁や曲線をより滑らかに描きます。 そのために縁の線をわずかにぼかしたりまとめたりしています。 このオプションは書体の描画表現を視覚的に向上させることが可能です。 ただし非 RGB 色空間でアンチエイリアスを使用するには経験を積む必要がありますのでご注意ください。

ヒンティング

小さな文字がつぶれたり歪んだりするのを防ぐ補正情報を利用します。

これから書く文字の色をあらかじめ指定します。 既定の色は黒です。 この色ボタンをクリックすると現れる文字色ダイアログで色を指定できます。

[ティップ] ティップ

ツールボックスの色標識をクリックしてテキストレイヤー上までドラッグしてきて直接放っても文字色を変更できます。 [グラデーションやパターンを使って着色するときはレイヤーダイアログで 透明保護 を有効にしてから行なってください。 ただしこのときからテキストレイヤーとしての属性が一時的に失われます。 この文字列はテキストツールでクリックすれば再び編集できますが、 そのときは文字色が描画色一色に戻されます。]

揃え位置

左揃え右揃え中央揃え両端揃えの 4 つのボタンから文字列の揃え方を選びます。

インデント

一行目の字下げの幅を指定します。 単位はピクセルです。

Adjust line spacing

複数行の文章の行間の幅を調節します。 単位はピクセルです。 変更は即座に画像のテキストレイヤーに反映します。 行送り間隔ではないので既定値は 0.0 です。 さらに近づけるには負の値を用います。

Adjust letter spacing

文字と文字の間の幅を調節します。 これも文字幅ではないので既定値は 0.0 です。 文字を重ねるようにするには負の値が必要でしょう。

テキストボックス

テキストボックス (文字枠) にまつわるオプションです。 付随する引き出しメニューで 2 つのオプションから選びます。

流動的: これがデフォルトです。 テキストボックスの大きさは記入した文字の数に応じて拡大します。 場合によっては画像からはみ出るかもしれません。 行を増やすには Enter キーを押します。 インデントオプションは全部の行を字下げします。 テキストボックスの大きさを増すとこのオプションは固定に切り替わります。

固定: まず先にテキストボックスを拡げてやらねばなりません。 そのかわりいつものショートカットが健在です。 テキストはテキストボックスの横幅に遮られ次の行へ折り返します。 これは本来の新しい行ではありません。 改行するには Enter キーを押す必要があります。 文が画像の下辺を越えるかもしれません。 インデントオプションは最初の行だけを字下げします。

Language

The text language may have an effect on the way the text is rendered. The default language is Caddo, the language of several Southeastern Native American tribes. If you enter a letter in this field, you get the list of all available languages whose names begin by this letter:

Right clicking on this field opens a menu that allows you to manage languages:

5.6.3. テキストエディター

図14.180 テキストエディター

テキストエディター

Since GIMP-2.8, you can edit text directly on canvas and this text editor is available only if the Use editor option is checked.

語句や文章を書き込み始めるとすぐにレイヤーダイアログにテキストレイヤーが現れます。 こんなふうにレイヤーがある画像 (今実践されているのならその画像、 あるいは .xcf 画像) ならば、 テキストレイヤーを活性化してテキスト上でクリック (もしくはダブルクリック) すればテキスト編集を再開できます。 もちろん他の一般のレイヤーと同じように様々な機能を使ってテキストレイヤーを操作できます。

他に新たなテキストを画像に貼り付けたいときはテキストレイヤーのない領域をクリックしてください。 新たなテキストエディターが現れるとともに新しいテキストレイヤーが画像に加わります。 どれかのテキストを扱っていたあとで他のテキストの編集を行ないたい場合は、 そのテキストレイヤーを活性化したうえでテキストの枠内をクリックしてテキストエディターを開きます。

テキストエディターのオプション

All these options are also in the text context menu.

With GIMP-2.10.6, vertical text (top-to-bottom writing) became possible. This feature is particularly for East-Asian writing systems, but also for anyone wishing to design fancy vertical text.

ファイルからテキストを読み込む

テキストはテキストファイルの内容を利用できます。 テキストエディターにあるこのボタンをクリックしてテキストファイル (UTF-8) を開くダイアログからファイルを選んでください。 ファイル内のすべてのテキストが読み込まれます。

左から右への書式 LTR

このオプションではテキストは左からはじまって右方向に書き連ねられます。 ほとんどの西洋諸語や東洋の一部の言語に適用されます。

右から左への書式 RTL

このオプションは右からはじまって左方向に書き連ねられるテキストのためのもので、 (アイコンにも示されているように) アラビア語のような東洋の一部の言語に適用されます。

[注記] 注記

現在のところテキストツールは縦書きには対応していません。 代わりにプラグインやスクリプトで実現可能です。 配布されているサイトをお探しください。

Vertical, right to left (mixed orientation)

Text is written top-to-bottom in columns, from right to left, and is rotated 90° clockwise.

Vertical, right to left (upright orientation)

Text is written top-to-bottom in columns, from right to left, upright.

Vertical, left to right (mixed orientation)

Text is written top-to-bottom in columns, from left to right, and is rotated 90° clockwise.

Vertical, left to right (upright orientation)

Text is written top-to-bottom in columns, from left to right, upright.

アクティブなフォントで表示

既定ではオプションダイアログで指定している書体をこのエディター上では使用しません。 使用するにはこのオプションにチェックを入れます。

[注記] 注記

See also 「テキスト」