4.12. 鏡像反転

図14.158 ツールボックス上の鏡像反転ツールアイコン

ツールボックス上の「鏡像反転」ツールアイコン

鏡像反転ツールはレイヤーや選択範囲を水平方向もしくは垂直方向に反転させる機能を提供します。 選択範囲の反転では、 その成果がフローティング選択範囲として作られます。 このツールは裏返しの画像を作るのに使えます。

4.12.1. 呼び出し方

鏡像反転ツールを起用する方法はつぎのいずれかです。

  • 画像ウィンドウのメニューより ツール変形ツール鏡像反転

  • ツールボックスのツールアイコン

  • キーボードショートカット Shift+F

4.12.2. キー修飾 (初期設定)

Ctrl

このキーを押している間は反転の向きが水平から垂直に切り替わります。

4.12.3. オプション

図14.159 鏡像反転ツールのツールオプション

「鏡像反転」ツールのツールオプション

一般的にはこのツールを起用すると、 そのツールオプションがツールボックスの下に繋げられたウィンドウ上に現れます。 そのようなウィンドウが見あたらないときは、 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログツールオプション と辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

対象
[注記] 注記

これらのオプションについては 変形ツールの共通オプション に説明があります。

反転の向き

The Tool Toggle settings control flipping in either a Horizontal or Vertical direction. This toggle can also be switched using Ctrl.

クリッピング
[注記] 注記

これらのオプションについては 変形ツールの共通オプション に説明があります。

Using Guides

With GIMP-2.10, you can use guides as flipping axis, instead of the default layer center: place a guide, open Flip tool and click on the guide.

On the left: original image with a guide activated.

On the right: result with Clipping option = Clip.