4.10. ケージ変形

図14.146 ツールボックス上のケージ変形ツールアイコン

ツールボックス上のケージ変形ツールアイコン

ケージ変形ツールは並外れた能力をもつ変形ツールであり、 変形したい領域は自由選択 (なげなわ) ツールで選択範囲を作るときのようにフリーハンドでアンカー点を並べる方法で自由自在に設定できます。 [領域を作成したあと画像を歪めたい方向にアンカー点をずらしますが、] その時点では画像に実際の変化はまだ起きません。 Enter キーを押すと変形が確定します。

4.10.1. 呼び出し方

ケージ変形ツールを起用する方法はつぎのいずれかです。

  • 画像ウィンドウのメニューより ツール変形ツールケージ変形

  • ツールボックスのツールアイコン

  • キーボードショートカット Shift+G

4.10.2. ツールオプション

図14.147 ケージ変形ツールのツールオプション

ケージ変形ツールのツールオプション

一般的にはこのツールを起用すると、 そのツールオプションがツールボックスの下に繋げられたウィンドウ上に現れます。 そのようなウィンドウが見あたらないときは、 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログツールオプション と辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

ケージを作成または調整

ケージ変形ツールを呼び出したときはこのモードになっています。 このときに変形させたい領域を囲むように画像をクリックしてつぎつぎとアンカー点を置いてゆきます。 あとでアンカー点を追加する必要ができたときはこのモードに切り替えてから画像をクリックします。

ケージを移動してオブジェクトを変形

変形したい部分を囲むように一周してアンカー点が並びつながるとケージの領域ができあがり、 自動的にオプションがこちらのモードに切り替わります。 このモードでは画像を囲むアンカー点をクリックしては歪めたい方向にドラッグして移動してゆきます。 移動先は画像の外でもかまいません。 マウスボタンを放すと変形がはじまります。

Shift キーを押しながらアンカー点を複数選び、 いちどにドラッグして同じ方向に移動できます。 あるいは移動したいいくつかのアンカー点を囲むような長方形を思いうかべ、 その対角線の端から端までドラッグしてもまとめてアンカー点を選択できます。

初期ケージ内を単色で塗りつぶす

変形で隙間ができたとき、 このオプションが有効であれば、 単色で塗りつぶします。 色は囲み線の始点の画素から採られているようです。

4.10.3. ケージ変形ツールの使用例

図14.148 ケージ変形の例

ケージ変形の例
ケージ変形の領域が選択された
ケージ変形の例
変形のようす

ツールボックスのケージ変形ツールアイコンをクリックした直後は、 ケージを作成または調整 モードになります。 変形したい部分を囲むようにつぎつぎと画像をクリックしてケージ変形領域の外枠線をつないでゆきます。 最後に最初のアンカー点を再びクリックすると外枠線が一周し範囲の選択が完了します。 すると GIMP はいくつかの計算を行ったあと、 ケージを移動してオブジェクトを変形 モードに切り替えますので、 あとはアンカー点をドラッグしてケージの形を変えれば、 それにつられて画像が歪みます。

ケージのアンカー点はいずれも丸印ですが、 選択したものは四角の姿になります。 選んだアンカー点をドラッグして移動するとそれらに囲まれている部分が変形します。 マウスボタンを放すたびに画像表示が更新され変形のようすがわかります。 変形には大量の計算を要しますのでとくに大きな画像を変形操作しているときはそのつどお待たせすることがあります。

ケージ枠にアンカー点がもっと必要になったときはツールオプションダイアログの ケージを作成または調整 モードに切り替える必要があります。 枠線上でクリックしてアンカー点を増設したら、 再び ケージを移動してオブジェクトを変形 モードに切り替えてから画像やレイヤーの変形を続行します。

変形の操作を終えたあと Enter キーを押せば変形が実際に確定します。