2.3. 楕円選択

図14.14 ツールボックス上の楕円選択ツールアイコン

ツールボックス上の楕円選択ツールアイコン

楕円選択ツールは画像から円形や楕円形の領域を選択するためのものです。 必要ならば高品質なアンチエイリアスで輪郭をとります。 GIMP における選択についての情報や使い方は 選択 を、 選択ツール全種類に共通する機能についての情報は 選択ツール をご覧ください。

このツールは画像上に円形や楕円形を描くためにも用いられます。 色が一様な楕円形を描くには、 楕円選択をとり、 その内側を 塗りつぶし ます。 楕円形の輪郭を描く最も簡単で柔軟性のある方法は、 楕円選択をとってその 境界線を描画 します。 しかしこの方法ではアンチエイリアスの品質が随分と粗雑になってしまいます。 もっと上質の輪郭を描くには異なる大きさの 2 つの楕円選択を重ねて外側の選択範囲から内側の選択範囲を引くとよいのですが、 いつも上手にこなすのは簡単ではありません。 選択縁取り選択... コマンドを使うと簡単です。

2.3.1. 呼び出し方

楕円選択ツールを起用する方法はつぎのいずれかです。

  • 画像ウィンドウのメニューよりツール選択ツール楕円選択

  • ツールボックスのツールアイコン

  • キーボードショートカット E

2.3.2. キー修飾

[注記] 注記

選択ツールに共通して使える修飾キーについては 選択ツール をお読みください。 ここではこのツールに特有のオプションに効果のあるものについてのみ取り上げます。

Ctrl

選択をとり始めた後にこのキーを押し、 選択範囲ができあがるまで押し続けていたならば、 開始点が楕円の外接矩形の角ではなく、 楕円の中心点として扱われます。 選択をとり始める 前から Ctrl キーを押し続けていた場合は、 それまでの選択範囲に新たに作られた範囲が加えられます。

Shift

選択をとり始めた後に Shift を押し、 選択が終わるまで押し続けていたならば、 選択範囲は正円になります。 これは 値を固定 オプションが有効になって、 固定される条件が 縦横比 (初期設定 1:1) であったためです。 この条件は変更できます。 選択をとり始める 前から Ctrl キーを押し続けていた場合は、 それまでの選択範囲から新たに作られた範囲が引かれます。

Ctrl+Shift

両方のキーを同時に押したときは、 上述のオプションが共に有効となり、 開始点を中心とする正円が選択範囲になります。

2.3.3. ツールの操縦

図14.15 楕円選択の例

楕円選択の例

このツールが使用されているときのマウスポインターは画像上では円形をあしらった姿をしています。 画像上でドラッグすると楕円形 (もしくは正円) がその外側に矩形 (あるいは正方形) を伴って現れます。 マウスボタンを放すと点滅破線蟻の行進が選択範囲の楕円の輪郭を描きます。 選択の領域を始めから正確にする必要はありません。 後で簡単に整形[や移動]ができます。

マウスポインターを画面上で移動させると場所によりその姿が変化し、 選択の矩形の形状を変える方法が示されます。 選択範囲の大きさはハンドルを利用して変更できます。 矩形選択の節の ツールの扱い方 を参照してください。

2.3.4. オプション

図14.16 楕円選択ツールのツールオプション

楕円選択ツールのツールオプション

一般的にはこのツールを起用すると、 そのツールオプションがツールボックスの下に繋げられたウィンドウ上に現れます。 そのようなウィンドウが見あたらないときは、 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログツールオプション と辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

[注記] 注記

選択ツールに共通して使えるオプションについては 選択ツール をお読みください。 ここではこのツールに特有のオプションについてのみ取り上げます。

モード; なめらかに; 境界をぼかす

選択ツール共通のオプションです。

その他のオプション

どのオプションも矩形選択で説明したのと同じ効果があります。 詳しくは 「ツールオプション」 に書かれています。