2.3. ダイアログとその合体

2.3.1. ダイアログを整頓

GIMP は画面上のダイアログを極めて柔軟に配置できます。 ダイアログは移動可能なウィンドウの一種であり、 ツールのオプションが並んでいるウィンドウ、 あるいはある特定の作業の専用ウィンドウのことをそう呼びます。 ドックとは、 ツールオプションダイアログやブラシダイアログやパレットダイアログ等の常設ダイアログを重ねあわせて保持する容器ウィンドウのことです。 ただし設定ダイアログや画像ウィンドウのような非常設ダイアログは入れられません。

GIMP は初期状態で 3 種類のドックが現れます。

  • 左のパネルではツールボックスの下にツールオプションが連結 (ドッキング)

  • 右のパネル上半分はレイヤー, チャンネル, パス, 作業履歴のドック

  • 右のパネル下半分はブラシ, パターン, グラデーションのドック

いずれのドックでもダイアログがタブ化されています。

マルチウィンドウモードの場合、 ツールボックスは 補助ウィンドウ です。 ドックではありません。 シングルウィンドウモードの場合、 ツールボックスはウィンドウの中の一部となります。

ドッキング可能なウィンドウの一覧表は ウィンドウドッキング可能なダイアログ のサブメニューにあります。 この一覧表でダイアログを選ぶとそのダイアログが現れます。 既にどれかのドックにそのダイアログが入っていた場合は隠れたダイアログならば表に見えるように出てきます。 まだそのダイアログが開かれていなかった場合の挙動については、 ウィンドウモードが複数ウィンドウのときと単一ウィンドウのときとでつぎのように異なった反応を見せます。

タブはクリックしたままドラッグできます。 そのまま任意のドックまで曳いてきて、

  • ドックのタブバーが色を換えて反応する位置で放つとそこのダイアログ群に統合されます。

  • ドックの 4 辺のいずれかが (図では青い線に色を換えて) ドッキングバーを顕して反応する位置で放つと、 ダイアログはドックに接合します。

マルチウィンドウモードであればダイアログのタイトルをクリックしたままドラッグすれば任意の位置へ移動できます。

図3.7 新たにダイアログをダイアロググループへ統合

新たにダイアログをダイアロググループへ統合

マルチウィンドウモードでヒストグラムダイアログをレイヤー, チャンネル, パス, 作業履歴ドックのタブバーに曳き入れる様子


単純な方法ですが、 タブメニュー 「タブメニュー」タブを追加 コマンドも使えます。

図3.8 ドックの縁にダイアログを連結

ドックの縁にダイアログを連結

ヒストグラムダイアログを右パネルの左側面ドッキングバーまでドラッグした様子と結果: [統合されタブ化していた]ダイアログがこんどは右パネルの左隣に連結された。 そしてこのダイアログは右のパネルの一部となった。

こうして ダイアログは縦にも横にも繋げられるので、 2 枚のディスプレイモニターを利用している環境なら片方の画面にダイアログ類をまとめ、 もう一方の画面をすべて作画用に充てる使い方もできる


[ティップ] ティップ

Press the Tab key in an Image window to toggle the visibility of the docks. This is useful if the docks hide a portion of the image Window. You can quickly hide all the docks, do your work, then display all the docks again. Pressing the Tab key inside a dock to navigate through the dock.

2.3.2. タブメニュー

図3.9 ドック内のダイアログ。 そのタブメニューを強調してある。

ドック内のダイアログ。 そのタブメニューを強調してある。

ダイアログにはいずれもタブメニューボタンがあって、 これを押すとそのタブに関連した操作ができるようになっています。 上図はこの部分を強調しています。 厳密にいえばメニューに含まれるコマンドの現われ方はその属するダイアログによって異なりますが、 いずれも新規タブの生成および消去と分離の指示が含まれます。

図3.10 レイヤーダイアログのタブメニュー

レイヤーダイアログのタブメニュー

タブメニューで提供されるコマンドは次のとおり。

脈絡メニュー (直接関連のあるメニュー)

タブメニューの最初の項目はダイアログの機能に関連のある項目をまとめた脈絡メニューです。 たとえば、 レイヤータブの脈絡メニュー レイヤー にはレイヤーを操作する項目が揃っています。

タブの追加

タブの追加 はドック入りが可能なダイアログを一覧にまとめたサブメニューを開き、 ここで選んだダイアログはタブ化して追加されます。

図3.11 タブの追加サブメニュー

タブの追加サブメニュー

タブを閉じる

ダイアログを閉じます。 最後の一つのダイアログを閉じたときはドックも閉じます。

タブの切り放し

この項目はダイアログをドックから切り離し、 そのダイアログだけが入った新たなドックをつくります。 このメニュー項目はタブをクリックしてドックの及ばないところまでドラッグで曳き出すのと同じ効果があります。

新しいドックウィンドウをつくるといいましたが、 シングルウィンドウモードの場合は厳密に言えば新しいドック区画の作成となります。

タブが ロック されるとこのメニュー項目は灰色無効になり使用できません。

タブのロック

ダイアログの移動や切り放しを禁じます。 これが有効なときは タブの切り放し メニュー項目を灰色無効にして使用できなくします。

プレビューサイズ

図3.12 タブメニューよりプレビューサイズ-サブメニュー

タブメニューよりプレビューサイズ-サブメニュー

大多数のダイアログはそのタブメニューに プレビューサイズ の項目があり、 このサブメニューはダイアログ内で扱われる絵や図形の大きさを選べるリストになっています (上図参照)。 たとえば、 ブラシダイアログには利用できるたくさんのブラシが絵で表されていますが、 プレビューサイズとはこういった絵の大きさのことを指しています。 初期設定値は 中間 です。

タブの見出し

図3.13 タブメニューよりタブの見出し-サブメニュー

タブメニューよりタブの見出し-サブメニュー

Tab Style opens a submenu allowing you to choose the appearance of the tabs at the top (see the figure above). There are five choices, not all are available for every dialog:

アイコン

ダイアログの種類を表すアイコンのみを表示します。

現在の状態

現在の状態 はブラシやパターンやグラデーションのような画材を選ぶダイアログに対してのみ有効です。 選ばれた画材がタブの爪に表示されます。

文字

ダイアログの種類をタブの爪に文字で表わします。

アイコンと文字

アイコンと文字の両方で表示しますのでタブの爪が横長になります。

状態と文字

これは現在選択されている画材を示すアイコンと、 ダイアログの種類を表す文字とを表示します。

Automatic

Default option: adapts style according to the available place in the group (text style uses much place and is not always possible.

一覧で表示, 並べて表示

この二つの項目が現れるダイアログは、 ブラシやパターンやフォントなど、 一揃いからひとつの細目を選択する一覧表があるダイアログです。 細目とその名前の組を縦排列に並べるか、 名前を省き細目を升目状に並べるかを選べます。 それぞれに利点があり、 縦排列にすればその名前まで詳しくわかりますが、 升目状ならば一度により多くの選択肢を見て選べます。 初期設定は一律にしませんでした。 ブラシやパターンのダイアログは升目状に、 それ以外のほとんどのダイアログは縦排列にしてあります。

一覧で表示 を選択しているときはタグが利用できます。 使い方は 「タグづけ」 でご覧ください。

リストの検索窓も利用できます。

図3.14 検索窓

検索窓

検索窓を開くにはキーボードショートカット Ctrl+F を使う このコマンドが利用できる条件はどれかひとつ品目を選んでいるとき。


この検索窓は何も操作がない時間が 5 秒を過ぎると自動的に閉じます。

[注記] 注記

いろいろなツールのダイアログ上のブラシフォントパターンを選ぶオプションの一覧表で検索窓を呼び出せるショートカットが利用できます。

ボタンバーの表示

ダイアログのいくつかはその底部にボタンバーが表示できるようになっています。 たとえばパターン、 ブラシ、 グラデーションのダイアログにあります。 これは切り替え式になっていて、 チェックが入っている場合にボタンバーが表示されます。

図3.15 ブラシダイアログのボタンバー

ブラシダイアログのボタンバー

画像選択ボックスの表示

このオプションはマルチウィンドウモードでのみ現れます。 これは二者択一です。 チェックを入れているときは、 画像メニューがドックの上部に置かれます。

図3.16 ドック。 画像選択メニューを強調してある。

ドック。 画像選択メニューを強調してある。


ただしツールボックス下に合体したダイアログ上では指定できません。 このオプションは画面に複数の画像を開いている場合にだけ意味があります。

アクティブな画像を自動的に追跡

このオプションはマルチウィンドウモードでのみ現れます。 このオプションも画面に複数の画像を開いている場合にだけ意味があります。 このときには画像選択メニューに表示されている画像とドック内の各ダイアログが表示している画像が常に同一です。 もし仮に アクティブな画像を自動的に追跡 を無効にしていたときは、 画像を選択できるのは画像選択メニューだけになります。 もし有効ならば、 画像を直接活性化 (つまり画像ウィンドウのタイトルバーをクリック) しても画像を選択できます。