14.3. フラクタルエクスプローラー...

14.3.1. 概観

図17.315 フラクタルエクスプローラーフィルターの使用例

フラクタルエクスプローラーフィルターの使用例

フラクタルエクスプローラーフィルター適用後


フラクタルエクスプローラー... フィルターを使うとフラクタル図形と複数の色づかいで混沌寸前の絵を描けます。 しかし精密にフラクタルを構成できる IFS フラクタル フィルターとは異なり、 こちらのフィルターのフラクタルの扱い方は単純です。

14.3.2. フィルターの呼び出し方

You can find this filter through FiltersRenderFractal Explorer….

14.3.3. オプション

図17.316 フラクタルエクスプローラーフィルターのオプション

フラクタルエクスプローラーフィルターのオプション

フラクタルエクスプローラーのウィンドウは 2 つの区画からできています。 左に拡大縮小表示ができるプレビューがあり、 右にパラメータープリセットの 3 つのタブに分けてまとめられた主オプションがあります。

14.3.3.1. プレビュー
プレビュー自動更新

お使いのコンピューターの処理速度が遅くてこまるときは プレビュー自動更新 オプションを無効にしましょう。 この場合にプレビューに最新の設定状態を反映させるには プレビューの更新 ボタンをクリックします。

プレビュー画面内で任意の場所をクリックして他の位置までドラッグすると矩形が現れ、 その範囲だけが拡大表示されます。

Zoom

サイズ変更 の 4 つのボタンは生成した図形を拡大・縮小するのに使います。 元に戻す ボタンは直前の大きさに戻します。 やり直す ボタンは元に戻した操作を 拡大 縮小 ボタンを使わずに再び実行するために使います。

14.3.3.2. パラメーター

図17.317 フラクタルエクスプローラーフィルターのオプション (パラメーター)

フラクタルエクスプローラーフィルターのオプション (パラメーター)

パラメータータブではフラクタル計算に関わるいろいろなオプション値の設定やフラクタルの種類の選択をします。

フラクタルのパラメーター

これらのスライダーと付属する数値記入欄はフラクタル図形の展開や反復や外観について設定します。

左, 右, 上,

フラクタル図形の展開について水平方向の最小値 と最大値 、 垂直方向の最小値 と最大値 を設定します。 値の範囲はいずれも -3.0 から 3.0 までです。

繰り返し

ここではフラクタル図形がどんどん細かくなる反復パラメーターを設定します。 値の範囲は 0.0 から 1000.0 までです。

CX, CY

これらのパラメーターを水平方向 X と垂直方向 Y にそれぞれ調節するとフラクタル図形の外観が変化します。 ただしマンデルブロ集合かシエルピンスキを選んでいるときはこれらの項目は灰色無効となって操作できません。

開く, リセット, 保存

このボタンを使って現在のパラメーター設定値をファイルに保存したり、 それを読み込んで再び利用できるほか、 ここで行なった操作を破棄して元の状態に戻すこともできます。 保存場所は標準で個人用 GIMP ディレクトリー内の fractalexplorer フォルダーです。 標準フォルダーに保管した設定情報はプリセットタブの一覧表からも読み込めます。 それ以外の場所に保管したデータファイルは 開く ボタンをクリックすると現れるファイルブラウザーで探してください。

フラクタルの種類

ここでは代表的なフラクタルからどれかひとつを選べます。 マンデルブロ集合ジュリア集合バーンスレイ の 3 変種、 スパイダーマンオーウォーラムダシエルピンスキ の 9 種類あります。

14.3.3.3. Colors

図17.318 フラクタルエクスプローラーフィルターのオプション (色)

フラクタルエクスプローラーフィルターのオプション (色)

タブはフラクタル図形の色設定を行なうオプションからなります。

色数

色数

このスライダーと付属の数値記入欄でフラクタル図形に使う色の数を 2 色から 8192 色の範囲で設定できます。 使われる色のパレットはこのタブの底部に表示されます。 またこれは実際にフラクタルで利用されているグラデーションも示しています。 この色は 色密度 オプションと 色関数 オプションで変更できます。 フラクタル図形の色はこのフィルターを呼び出した画像の色に全く無関係に選ばれています。 (つまり元画像が真っ白でもよいわけです。)

loglog スムージングを使用する

このオプションを有効にすると色の縞現象が現れたところを滑らかにします。

図17.319 Loglog スムージングの例

Loglog スムージングの例

色密度

赤, 緑,

これら 3 つのスライダーと付属の数値記入欄で色チャンネルごとに色の強さを設定できます。 値の範囲は 0.0 から 1.0 までです。

色関数

赤チャンネル緑チャンネル青チャンネル のそれぞれにおいて色の処理方法を選べます。

Sin

色あいは正弦関数に従って変化します。

Cos

色あいは余弦関数に従って変化します。

使用しない

色あいは一次関数に従って変化します。

反転

このオプションを有効にすると関数で得た値が反転されます。

カラーモード

このオプションでは色の値の取得先にこのダイアログの設定と現在活性化しているグラデーションのどちらかを選べます。

上の設定に基づいて

色の値が 色密度 で設定したとおりになります。

アクティブなグラデーションを適用して

現在活性化しているグラデーションの色が使われるようになります。 他のグラデーションを使うにはグラデーションを表示しているボタンをクリックしてください。

14.3.3.4. プリセット

図17.320 フラクタルエクスプローラーフィルターのオプション (プリセット)

フラクタルエクスプローラーフィルターのオプション (プリセット)

この一覧表にはパラメータータブ内で 保存 したフラクタル図形の設定情報や GIMP に同梱されている 36 種類のプリセットデータが並んでいます。 どれでもひとつ任意にクリックして強調表示 (反転) させてから 適用 ボタンをクリックすれば設定情報が読み込め、 たたき台として利用できます。

更新 ボタンを使えば新たに保存したフラクタル図形の設定情報もこのリストに加えられますので、 GIMP を再起動する必要がありません。 削除 ボタンをクリックすると一覧表で選択されている項目が保存したファイルごと削除できます。 GIMP 同梱のデータも一旦はこの一覧表から撤去できますが、 再びこのフィルターを呼び出すと自動的にこの表に復活します。