14.2. 炎...

14.2.1. 概観

図17.312 炎フィルター下塗りの例

炎フィルター下塗りの例
炎フィルター下塗りの例

フィルター適用後


炎... フィルターは不規則なフラクタル図形を自動生成しますが、 使ってみるとびっくりするような結果がでます。 IFS フラクタル フィルターのようなフラクタル図形の制御機能はありませんが、 方向を示しながら乱数発生器を操縦できますし、 いろいろなテーマからお好みの種類が選択できます。

[警告] 警告

Unfortunately it turned out, that this filter is not working properly for large images. Even more unfortunate is, that its developer is currently not undertaking any actions with that plug-in at all, so there seems no quick fix in sight. Although we can't give you the exact numbers, the plug-in worked in a quick test for a 1024x768 pixel image, but didn't do it for a 2500x2500 pixel image.

[注記] 注記

このフィルターは 1997 年に Scott Draves 氏が GIMP に提供したプラグインです。 氏はこのプラグインの著作権者でもあります。 プラグインに関する説明を載せたページがインターネット上の作者のサイト [PLUGIN-FLAMES] にあります。

14.2.2. フィルターの呼び出し方

You can find this filter through FiltersRenderFractalsFlame….

14.2.3. オプション

図17.313 フィルターのオプション

炎フィルターのオプション

主ウィンドウでは描画オプションビューオプションを設定します。 描画オプションの上の 3 つのパラメーターは 明るさコントラストガンマ 値です。 これらのスライダーを操作すると即座にプレビュー画面に設定内容が反映されます。 しかしこれらの値は手をつけずそのままにしておいて、 描かれた画像を後から 色メニュー のツールなどを利用して補正してゆくほうが良いでしょう。

あとの 3 つのパラメーターは描画処理過程に影響しますがプレビュー画面に反映されません。 サンプル密度 は描かれるパターンの解像度を制御するためとりわけ重要です。 ビューオプションのパラメーターはプレビュー画面の操作に関わるもので、 拡大 表示させるものやスクロールバーの代わりに表示位置を動かす XY のオフセット値がスライダーで操作できます。 炎 (プロミネンス) フィルターの設定情報は名前を付けて保存できあとで繰り返し利用できます。

編集

開く ボタンをクリックすると炎の詳細ダイアログが開きます。

図17.314 炎の詳細ダイアログ

炎の詳細ダイアログ

9 つの少しずつ異なる図柄が並んでいますが、 その中央が現在選択されているパターンです。 その周りの 8 つは中央の図柄の変種です。 中央の図柄をクリックすると 速度 パラメーターに従って周囲の 8 つの変種が更新されます。 周囲の図柄はクリックすると選択され中央に移動します。 [同時に周囲 8 つの図柄も中央のパターンに基づいて更新されます。] 図柄には大まかに 30 種類のテーマがあり、 種類 の引き出しメニューから選べます。 また乱数化により生成される図柄は変化するので、 現在のパターンをクリックしても、 あるいは 乱数をリセット をクリックしても新たな図柄が得られます。

開く

開く ボタンをクリックするとファイル選択ダイアログが開かれ、 既に保存してある炎プラグインの設定情報がもしあれば選択して開くとその設定内容が再現できます。

保存

保存 ボタンをクリックするとファイルを保存するダイアログが開かれ、 現在のパラメーター設定情報を記録するファイルが作成できます。 このファイルは単純な ASCII テキストです。 この記録はあとで読み込めばパラメーターの設定が再現できます。

描画オプション

明るさ

描かれる炎の明るさを調節するスライダーです。

コントラスト

炎の暗い部分と明るい部分との間のコントラストを調節します。

ガンマ

中間的な明るさの部分に関わるガンマ補正を設定します。

サンプル密度

描かれるパターンの解像度を調節します。 プレビュー画面では何も反映しません。 サンプル密度を高くすると蜘蛛の巣のような柔らかく滑らかな描画になり、 サンプル密度を低くすると粒子雲か噴霧器でちりばめたような描画になります。

空間オーバーサンプル

What does this do?

空間フィルター半径

What does this do?

カラーマップ

この引き出しリストでは炎のパターンに色付けするグラデーションやパレットをつぎのようなさまざまな素材から選べます。

  • ツールボックスに示されている現在のグラデーション。

  • 数種類の仕込み済みカラーマップ。

  • GIMP が現在開いている画像から抽出されるそれぞれのカラーパレット。

ビューオプション

Zoom

拡大 スライダーはプレビュー画像の表示倍率を調節します。

X, Y

プレビュー画像のスクロールをします。