7.41. 選択範囲との交わり

選択範囲との交わり コマンドはアルファチャンネルをもとに活性レイヤーに選択範囲を作成します。 不透明な画素は完全に選択範囲となり、 透過している画素は選択範囲外となります。 不完全透過な画素は部分選択に変換されます。 こうしてできた選択範囲と既存の選択範囲が かけ合わ されるので、 両選択範囲の共通部分が残ります。 このコマンドはアルファチャンネル自体を変更することはありません。

7.41.1. コマンドの呼び出し方

  • 画像ウィンドウのメニューより レイヤー透明部分選択範囲との交わり

  • レイヤーダイアログの脈絡メニューより 選択範囲との交わり

7.41.2. 使用例

図16.120 選択範囲との交わりの適用

選択範囲との交わりの適用
選択範囲との交わりの適用

活性レイヤーの不透明な画素から生成された選択範囲ともとからあった矩形の選択範囲が掛け合わされる。