7.6. RGB ノイズ...

7.6.1. 概観

図17.147 RGB ノイズフィルターの適用例

RGB ノイズフィルターの適用例

元画像

RGB ノイズフィルターの適用例

RGB ノイズフィルター適用後


RGB ノイズ フィルターは正規分布ノイズを活性レイヤーもしくはその選択範囲に加えます。 ノイズ発生の過程に RGB 色モデルが利用されます。 (それぞれの画素について赤・緑・青のそれぞれのチャンネルでノイズを加えています。) 正規分布ということは、 ほとんどの画素にはちょっとだけノイズがかかり、 激しいノイズがかかる画素はほんの僅かになるといえます。 (たとえばもし単色灰色で塗りつぶされた画像にこのフィルターを適用したら、 ヒストグラムの曲線が典型的な釣鐘形のガウス曲線に見えることでしょう。)

ノイズがとても自然に見える仕上がりになります。

このフィルターはインデックス化カラー画像では作動しません。

7.6.2. フィルターの呼び出し方

You can find this filter through FiltersNoiseRGB Noise….

7.6.3. オプション

図17.148 RGBノイズフィルターのオプション

RGBノイズフィルターのオプション

Presets, Preview, Split view
[注記] 注記

These options are described in 「Common Features」.

相関ノイズ

ノイズは相関化しなければ加算的に、 相関化すれば (speckle [斑点]ノイズでも知られたように) 乗算的になります。 このオプションを有効にするとすべてのチャンネルの値に正規分布の倍率が掛けられます。 なのでノイズは元のチャンネル値に依存します。 画素のチャンネル値が高ければノイズが大きく発生しますが、 暗い色 (低い値) の画素は暗いままになりがちです。

RGB 独立

このオプションが有効な場合は RGB の 3 つのスライダーを別個に調整できます。 無効にすると のスライダーは同時に動き常に同じ値になります。 この場合相対的に等しいノイズが各画素のすべてのチャンネルに加わることになるため、 画素の色相はあまり変化しなくなります。

Linear RGB

Operate on linearized RGB color data.

Gaussian distribution

Use a gaussian noise distribution. When unchecked, a linear noise distribution is used instead.

赤, 緑, 青, 透明度

の 3 つのスライダーとその隣の数値記入欄でチャンネルごとにノイズのレベルを 0.00 から 1.00 の範囲で設定できます。 透明度 チャンネルのスライダーはレイヤーにアルファチャンネルがあるときのみダイアログに現れます。 グレースケール画像でこのフィルターを呼び出したときは色のスライダーの代わりに グレー スライダーが現れます。

これらのスライダーは具体的にはノイズをつけるときの正規分布における標準偏差の値を設定しています。 使用される標準偏差は設定された値の半分です。 (値の範囲 1.00 がチャンネルでとりうる最高値から最低値までの幅に相当します。)