4.3. インターレース除去...

4.3.1. 概観

ビデオカードから取り込まれた画像のとくに速い動きをしていた被写体はぼかされ細切れの短冊状に映ります。 これはカメラワークのせいです。 垂直解像度が秒速 50 フレームなのに一秒間に 25 フレームに満たない画像しか収録されません。 画像は 2 枚ずつインターレース化されて 1 フレームになります。 画像上の走査線は最初が第 1 の画像の最初の線で、 次が第 2 の画像の最初の線で、 その次の線が第 1 の画像の 2 番目の線で…、 と続きます。 つまり 2 枚の画像の間に肝心な動きが入り込むと、 動いた物体は短冊状に切り分けられてずれてしまい細切れに見えるのです。

インターレース除去... フィルターは両画像の片方だけを取り出し、 その画像の欠落している線は前後の線の間のグラデーションで補います。 画像もしくはその選択範囲は結果としていくぶんぼやけますか、 他の強調フィルターで修正するとよいでしょう。

インターレース化した画像は [WKPD-DEINTERLACE] でご覧ください。

4.3.2. フィルターの呼び出し方

You can find this filter through FiltersEnhanceDeinterlace….

4.3.3. オプション

図17.29 インターレース除去フィルターのオプション

インターレース除去フィルターのオプション

プレビュー

プレビュー オプションを有効にしておれば画像に実際にフィルターをかける前からダイアログ上で調節したとおりに即座に効果のようすが見て判るようになっています。

奇数ラインを残す, 偶数ラインを残す

両方とも試してみてより良い結果の出る方をご利用ください。

4.3.4. 例

図17.30 インターレース除去フィルターの単純な適用例

インターレース除去フィルターの単純な適用例

上段: 偶数ラインの画素が 1 ピクセル右にずれている。 下段: 1 ライン欠けている。 この画像は画素がよく判るよう拡大表示してある。

インターレース除去フィルターの単純な適用例

偶数ラインを残すの場合。 上段: 奇数ラインが右に移り偶数ラインに揃った。 下段: 欠けたラインが赤く塗りつぶされている。

インターレース除去フィルターの単純な適用例

奇数ラインを残すの場合。 上段: 偶数ラインが左に移り奇数ラインに揃った。 下段: 欠けたラインが残ったままだが付近にグラデーションがかかり、 上下は揃った。