5.7. ファイルのエクスポート

With GIMP-2.8, the Save command saves images in XCF format only. The Export command is now used to store images to various file formats.

You can access to this command through FileExport As..., or from the keyboard by using the shortcut Ctrl+Shift+E.

図15.81 画像をエクスポートダイアログ

画像をエクスポートダイアログ

5.7.1. 画像をエクスポートダイアログ

このファイルブラウザーを使い、 上部の記入欄でファイルの名前や拡張子 (何もしなければ 名称未設定.png) を直に書くか、 あるいはその下部の一覧表からファイルを選びます。 さらに記入欄のすぐ下に並ぶ フォルダーの中に保存 パス選択ボタンで画像を保存する場所のフォルダーを指定しなくてはいけません。 必要なら フォルダーの作成 ボタンをクリックすれば現在のディレクトリー内へ新しくフォルダーを作成できます。

ファイル形式の選択. このオプションを拡げると、 保存したいファイルの拡張子がドロップダウンリストから選択できます。

ファイル形式ごとのダイアログについては 「ファイル」 に説明があります。

5.7.2. エクスポートを実行

ファイル名も保存場所も決めたら、 エクスポート ボタンをクリックします。 すると指定したファイル形式に応じたエクスポート用ダイアログが開かれます。

XCF 以外の形式のファイルを開いて作業してきた場合は、 画像ウィンドウの ファイル メニューに …に上書きエクスポート という項目が出現し、 これを使えば元のファイルへ同じ形式にエクスポートして上書き保存ができます。

If you modify an image that you already have exported, the Export command in File menu is changed, allowing you to export file again in the same format.