4.3. 最近開いたファイルダイアログ

図15.70 最近開いたファイルダイアログ

「最近開いたファイル」ダイアログ

最近開いたファイルダイアログは今までに GIMP で開いた画像の一覧表を表示します。 画像ウィンドウのメニューにある ファイル最近開いたファイル サブメニューの完全版といえます。

4.3.1. ダイアログの呼び出し方

最近開いたファイルダイアログはドッキング可能です。 その扱い方については 「ダイアログとその合体」 の節をご覧ください。

呼び出し方はつぎのとおりです。

  • From the main menu: WindowsDockable DialogsDocument History.

  • 任意のドッキング可能なダイアログのボタンアイコン をクリックすると出てくるタブメニューより タブの追加ファイル履歴

  • From the main menu: FileOpen RecentDocument History.

4.3.2. ファイル履歴ダイアログの利用法

スクロールバーを動かして今までに扱った画像を探れます。

ファイル履歴ダイアログのタブメニューで 並べて表示一覧で表示 を切り替えられます。 並べて表示の場合は画像の見本が升目状に並びます。 一覧で表示の場合は画像が縦一列に列挙され、 各段にその見本画像と名前とピクセル単位の寸法が表示されます。

[ヒント] ヒント

キーボードショートカット Ctrl+F で検索窓が現れます。 一覧表ダイアログの検索窓 をご覧ください。

「ファイルを開く」 このアイコンボタンをクリックするか、 脈絡メニューの エントリーを開く に進むとこのダイアログで選ばれた画像を開きます。 Shift キーを押しながらクリックしても画像を開きますが、 その画像が既に開かれていたときはその画像ウィンドウが前面に出現します。 Ctrl を押しながらだとファイルを開くダイアログを呼び出し、 その画像が保管されているディレクトリーが開かれますのでそこで画像を選んでください。

「この項目を削除」 このアイコンボタンをクリックするか、 脈絡メニューの エントリーの削除 に進むと、 選ばれた画像がこのダイアログの一覧表から消去され、 ファイル履歴から削除されます。 画像ファイルが削除されるのではありません。

「ファイル履歴を消去」 このアイコンボタンをクリックするか、 脈絡メニューの ファイル履歴を消去 に進むと、 開いた画像の履歴上の記録がすべて消去されます。

画像を加工したあとは、 「更新」 このアイコンボタンをクリックするか、 脈絡メニューの プレビューの再表示 に進むと、 縮小見本画像がその最新の状態に更新されます。 Shift キーを押しながらクリックすると履歴のすべての見本画像が更新されます。 Ctrl キーを押しながらだと、 すべての画像について記録上の保管場所を探し、 見付からない画像は履歴から削除されます。

4.3.2.1. Document History Context Menu

図15.71 Document History Context Menu

Document History Context Menu

概観

You can get the document history context menu by right clicking on a file in the document history dialog, or by opening the Documents Menu submenu in the triangle dock tab menu. Several of the operations are also available through buttons at the bottom of the dialog. Those operations are documented above. The remaining ones are listed below.

Copy Image Location

Copy Image Location allows you to copy the path of the selected image to the clipboard.

Show in File Manager

Show in File Manager opens the location of the image in the default File Manager on your system.