4.15. 選択範囲を歪める...

図16.44 選択範囲を歪めた例

選択範囲を歪めた例

選択範囲のある画像

選択範囲を歪めた例

選択範囲を歪める適用後


選択範囲を歪める... コマンドは選択範囲の輪郭線の形を崩す Script-Fu スクリプトです。 [インデックス化カラー画像の場合、 このコマンドのメニュー項目は灰色無効となっていて使用できません。]

4.15.1. コマンドの呼び出し方

画像ウィンドウのメニューより 選択選択範囲を歪める...

4.15.2. Script-Fu: 選択範囲を歪めるダイアログのご説明

図16.45 Script-Fu: 選択範囲を歪めるダイアログ

Script-Fu: 選択範囲を歪めるダイアログ

このコマンドは崩し具合を増減するためのいろいろなオプションがついています。 予測不可能な効果が得られますからまずは試してみてください。

しきい値

しきい値を大きくとると歪められた選択範囲は元の範囲より縮まります。 逆に小さくとると元の選択範囲より膨らみます。

現在活性化している変形対象の選択範囲が矩形や楕円のような整った選択範囲なら、 このオプションのはたらきは選択範囲の新たな輪郭が元からあった輪郭よりも内側寄りになるか外側寄りになるかを制御することになります。

拡散度

拡散度が大きいほど歪みが激しくなります。

粒状度

粒状度が大きいほど歪みが激しくなります。

滑らかさ

滑らかさが増すほど歪みは穏やかになります。

水平方向を滑らかに垂直方向をに滑らかに は併用でき、 さらに歪みが増します。