8.40. サンプル色付け...

8.40.1. 概観

図16.216 サンプル色付けフィルターの使用例

サンプル色付けフィルターの使用例

元画像

サンプル色付けフィルターの使用例

サンプル色付けフィルター適用後


サンプル色付け... フィルターはかつての白黒写真のような画像に、 ソース画像に使われている色かもしくはグラデーションの色を使って着色します。

[注意] 注意

グレースケール画像の場合はあらかじめ RGB モードの画像に変換しておいてください。

8.40.2. フィルターの呼び出し方

画像ウィンドウのメニューより カラーマッピングサンプル色付け...

8.40.3. オプション

図16.217 サンプル色付けフィルターのオプション

サンプル色付けフィルターのオプション

このフィルターのオプションウィンドウは左に色付け対象、 右に色の原本の 2 つの区画に分かれています。

ターゲット画像; ソース画像

初期状態ではこのフィルターを呼び出した画像ウィンドウに表示されている画像がターゲットに選ばれ見本画像として右側に表示されます。

ソース画像 では画像の全体像または選択範囲内の画像の見本が表示されています。 引き出しリストにはこのフィルターを呼び出した時点で GIMP が画面に開いている画像の名前が並び、 ここから他の画像を標本に選ぶこともできます。 代わりに グラデーションを使用 (または グラデーション (逆向き) を使用) を選ぶとグラデーションダイアログ上で選択されたグラデーションの色が利用されます。 選ばれたグラデーションは見本画像の区画より下のスライダー部分に表示されます。 見本画像の区画は灰色無効になり、 グラデーション見本には 2 つの小さなスライダーカーソルが現れ、 ターゲット画像もしくはその選択範囲の着色に使われる色がその間に絞れます。

ターゲット画像 も初期状態ではソース画像[と同じ]です。 このフィルターを呼び出した時点で GIMP が画面に開いているすべての画像の名前が引き出しリストにありますので、 ここから着色の対象になる画像を選べます。 この見本画像の区画では、 色付け対象に選ばれた画像に選択範囲があればその範囲内がグレースケール化されて表示され、 選択範囲がなければ画像全体がグレースケール化されて表示されます。

選択範囲を表示する

このチェックボックスは選ばれた画像に選択範囲がある場合に選択範囲内だけを表示する状態と画像全体を表示する状態を切り替えます。

色表示

このオプションはカラー表示と白黒表示を切り替えます。

ソース色の取得

このボタンをクリックすると見本画像の下のグラデーションバー (小さなスライダーが 2 つある) にソース画像から採取された色が表示されます。[画像が大きいときはしばらく時間がかかります。] 画像の色数が少ないとこのグラデーション表示でも色と色の間に断絶が起きます。 これを改善する なめらかなサンプル オプションもご利用ください。

サブカラー使用 は理解するのが難しいオプションです。 まずグレースケール画像には明度 (光度とか明るさ) の情報しかありません。 RGB 画像だとどの画素にも 3 つの原色と明度の情報があります。 つまり色の違う画素でも明度が同じ場合もありえます。 このオプションにチェックを入れるとそうした色が混ぜ合わされ、 ターゲット画像の同じ明度の画素にその色が付きます。 このオプションのチェックを入れないときは多数派の色が使用されます。

出力レベル

2 つの数値記入欄と 2 つの小さなスライダーは同じはたらきをします。 両数値はターゲット画像を着色する色の範囲を定めます。 0 から 255 の範囲で任意の精密な調節が可能です。 ここでの操作は即座にターゲット画像の見本に反映されます。

入力レベル

3 つの数値記入欄や 3 つの小さなスライダーで暗い色調と中間の色調と明るい色調の比重を調節できます。 ここでの操作は即座にターゲット画像の見本に反映されます。

強度保持

このオプションにチェックを入れるとターゲット画像の明るさの度合いの平均がソース画像のそれと同じに保たれます。

オリジナル強度

このオプションにチェックを入れると入力レベルの強度設定が無視されます。 元の強度がそのまま利用されます。