11.17. ヴァン ゴッホ風(LIC)...

11.17.1. 概観

図17.229 左から順に、 元画像、 マップ、 結果画像

左から順に、 元画像、 マップ、 結果画像

マップは単色黒、 垂直グラデーション、 単色白の 3 つの帯で構成。 結果画像ではマップの両単色部分にあたるところにはぼかしがかかっていないことがわかる。 一方でマップのグラデーション部分に相当する位置はぼかしが入る。


LICとは Line Integral Convolution (線積分畳込み) という数学理論のことです。 プラグイン作者はこの数学用語をフィルターの名前に加えたのです。 ヴァン ゴッホ風(LIC)... フィルターの用途は画像に方向性のあるぼかしを適用することと、 テクスチャーを生成することのいずれかです。 画像に特定方向のぼかしをかけることから乱視化フィルターとも呼ばれます。

このフィルターはぼかしマップを利用しますが、 他とは違ってぼかしマップの陰影は使いません。 グラデーションの方向だけを考慮します。 マップの単色部分にあたる画素は変化を受けません。

11.17.2. フィルターの呼び出し方

You can find this filter through FiltersArtisticVan Gogh (LIC)….

11.17.3. オプション

図17.230 ヴァン ゴッホ風(LIC)フィルターのオプション

ヴァン ゴッホ風(LIC)フィルターのオプション

[ティップ] ティップ
  • ぼかしをかけたいときは 元画像と を選びます。 フィルター長 スライダーと、 あるいはさらに 積分ステップ スライダーだけがはたらきます。

  • テクスチャーを生成させるときは ホワイトノイズと を選びます。 すべてのスライダーが調整に関わります。

対象チャンネル

フィルターが画像を扱うときに用いるチャンネルを 色相彩度明るさ (=明度) のいずれかに選んでください。

操作関数

導函数 オプションを選ぶとグラデーションの向きが逆転します。

図17.231 導函数オプションの例

導函数オプションの例

四角形グラデーションのマップを用い、 左図は操作関数を 勾配/グラデーション に、 右図は 導函数 に設定。 くっきりした線とぼかされた線は正反対に選ばれている。


合成要素

畳込み演算には 2 種類から選べます。 まずはこの選択から始めてください。

ホワイトノイズと

ホワイトノイズは音響関係の用語です。 あらゆる周波数で同程度の大きさの振幅がみられるノイズのことです。 ここではパターンを生成するという意味のオプションです。

元画像と

元画像にぼかしがかかります。

対象画像

ここで選ぶのはぼかしを指示するマップ画像か方向パターンです。 このマップ画像は呼び出し元画像と同じ寸法でなくてはなりません。 グレースケール画像ならなお良いでしょう。 この一覧表で選べるようにするためフィルターを呼び出すより前に画面上に開いておく必要があります。

図17.232 垂直グラデーションなマップを用いてぼかす

垂直グラデーションなマップを用いてぼかす

垂直グラデーションだけが描かれたマップ画像を使うと垂直な線分がぼかされる。


図17.233 四角形グラデーションがひとつあるマップを用いてぼかす

四角形グラデーションがひとつあるマップを用いてぼかす

グラデーションマップは 4 つの三角形にそれぞれグラデーションがかかった形をしており、 その方向は互いに異なる。 画像のどんな位置にも何れかの三角形グラデーションが対応しているので、 そのグラデーションと同じ方向の線にぼかしがかかる。


図17.234 テクスチャーの例

テクスチャーの例

ホワイトノイズと オプション有効。 その他のパラメーターは既定のまま。 垂直グラデーションマップを用いるとテクスチャー (生地) の繊維方向が水平になる。


フィルター長

フィルター長 スライダーは、 ぼかしをかける場合にはぼかしの重要度を制御します。 テクスチャーを生成する場合には生地の粗さを制御します。 低い値は滑らかな質感となり、 高い値はごわごわした質感です。

図17.235 ぼかし用途でのフィルター長の活用例

ぼかし用途でのフィルター長の活用例

左図には 1 ピクセル幅の垂直線を、 右図には同様の線にフィルター長を 3 とした垂直ぼかしを適用。 ぼかし後の線幅は左右 3 ピクセルずつの 6 ピクセルになる。


図17.236 テクスチャー用途のフィルター長の例

テクスチャー用途のフィルター長の例

左図はフィルター長を 3 としたテクスチャー。 右図はフィルター長を 24 とした同じテクスチャー。


ノイズ強度

ノイズ強度 スライダーはホワイトノイズの量と大きさを制御します。 低い値は肌理の細かい質感になります。 高い値は粒度が粗い生地になります。

図17.237 テクスチャー用途のノイズ強度の活用例

テクスチャー用途のノイズ強度の活用例

ノイズ強度 = 4


積分ステップ

積分ステップ スライダーはテクスチャー生成用途でのグラデーションマップの影響力を制御します。

図17.238 テクスチャー用途での積分ステップの活用例

テクスチャー用途での積分ステップの活用例

左図は積分ステップを 2 に設定。 右図は積分ステップを 4 に設定。


最小値, 最大値

最小値 スライダーと 最大値 スライダーの両設定値はテクスチャーのコントラスト幅を制御します。 幅を狭くとるとコントラストが強まり、 幅を拡げるとコントラストが弱まります。

図17.239 テクスチャー用途での最小値/最大値の活用例

テクスチャー用途での最小値/最大値の活用例

最小値は -4.0、 最大値は 5.0。