3. ファイルの開き方

既存の画像を GIMP にとりこむ方法はいろいろあります。

3.1. ファイルを開く

いちばん明確なのはメニューを使う方法でしょう。 画像ウィンドウのメニューより ファイル開く/インポート... と進みましょう。 ファイルを見回れる画像ファイルを開くダイアログが出てきますので開きたいファイルを見つけ出してクリックします。 このやり方はファイル名もその場所も既に知っているものを開くのには都合がよろしい。 しかし画像ファイルを開くダイアログにはサムネイル (縮小画像) 表示があるのにも関わらず、 画像のサムネイルを見ながらファイルを探るには不便で面倒です。

[注記] 注記

ファイルを開くときは GIMP はそのファイル形式を判定しなければなりません。 形式が多様であることに加え、 残念ながらそれを表す拡張子 (例: .jpg) に信頼が置けないので、 GIMP が拡張子からファイルの形式をそのまま判断することはありません。 実際はシステムごとに拡張子が異なったり、 機能追加でファイル名が変化することもあるからです。 さらに、 ファイル名から拡張子が省かれることもあるのが大きな理由です。 そこで GIMP は、 ファイルの中身を見て確かめてから形式を判断しようとします。 一般的に通用している画像ファイル形式のほとんどは、 その形式を認識させるためのマジックヘッダーを持っています。 マジックでは判断がつかない限られた場合のために、 GIMP は拡張子を利用する余地を残しています。

図5.4 画像を開くダイアログ

「画像を開く」ダイアログ

GIMP 2.2 から、 欲しいファイルをすばやく探しだすために見回るのを助けるいろいろな機能がついた画像を開くダイアログが加わりました。 場所 欄によく使われるフォルダーを登録できるブックマークをとれるようになったのがおそらく決定的でしょう。 その先頭には、 デスクトップなどが自動的に挿入されます。 追加ボタン をクリックすると現在選択しているディレクトリーがブックマークに追加登録できます。 削除ボタン をクリックすれば現在選ばれているディレクトリーがブックマークから撤去されます。 ブックマークはクリックすれば、 そのディレクトリーに即座に移動できます。

選ばれたディレクトリーの内容がダイアログの中央部に現れます。 その一覧の上部はサブ (下位) ディレクトリーが並び、 ファイルはその後に整列します。 はじめはディレクトリーにあるファイルがすべて並べられますが、 ダイアログの下部にある ファイル形式の選択 メニューでファイル形式を指定すればその種類のファイルだけが並んで出てくるように制限できます。

整列しているファイルのなかから画像ファイルの項目をクリックすると、 ダイアログの右端にプレビュー画と画像の基本的な属性情報が表示されます。 プレビュー画は作成とともにキャッシュに蓄えられて再利用されるため、 操作後の現状と食い違うプレビュー画を表示することもありえます。 こうした食い違いになっていそうなときは、 プレビュー区画で Ctrl キーを押しながらクリックすれば強制的にプレビュー画を更新できます。

初期設定の場合、 画像を開くダイアログには 場所 文字入力欄があります。 これは隠せます。 Ctrl+L で表示を切り替えるのです。 またこのほか左上の紙と鉛筆のアイコン 「ファイル名を入力」 をクリックしても文字記入欄を呼び出せます。

[注記] 注記

ファイル一覧からファイル名を選びだしてダイアログの右下にある 開く ボタンをクリックすると、 ほぼ必ず GIMP はファイルの形式を自動的に判別します。 しかしまれにファイル形式が異例でその拡張子が不完全なとき、 GIMP はファイルの本当の形式を推定できないかもしれません。 必要ならダイアログの下部にある ファイル形式の選択 オプションを引き出し、 手動でファイル形式を特定できます。 でも GIMP がその画像ファイルを読み込めなかった理由は、 十中八九そのファイルが破損していたか、 もともとサポートされていなかった形式だったと考えられます。

3.1.1. Import from PDF

If you select a PDF file to open, GIMP will show an extra dialog with options specific to this file type.

Page selection

You can select pages by typing one or more page numbers or ranges, separated by commas. For example, 4-7,9 selects pages 4, 5, 6, 7, and 9 of the document. The default is to select all of the pages in the document.

Open pages as

If this is set to Images, then GIMP will open each of the selected pages as a separate image. If it is set to Layers, then GIMP will create one image with each of the selected pages in its own layer.

Image size

The size of the image created is controlled by the Width, Height, and Resolution settings. A PDF document contains information about its width and height in units of physical length so it is meaningful to set the width or height of the image in pixels or its resolution in pixels per physical unit of length: as you set any of these three parameters, the other two will automatically adjust to match.

Use Anti-Aliasing

Check this box to apply antialiasing to text in the image.

3.1.2. Import from PostScript

If you select a PostScript file to open, GIMP will show an extra dialog with options specific to this file type.

Page selection

You can select pages by typing one or more page numbers or ranges, separated by commas. For example, 4-7,9 selects pages 4, 5, 6, 7, and 9 of the document. The default is to select all of the pages in the document.

Open pages as

If this is set to Images, then GIMP will open each of the selected pages as a separate image. If it is set to Layers, then GIMP will create one image with each of the selected pages in its own layer.

Rendering

The size of the image created is controlled by the Width, Height, and Resolution settings. A PostScript document contains information about its width and height in units of physical length so it is meaningful to set the width or height of the image in pixels or its resolution in pixels per physical unit of length: as you set any of these three parameters, the other two will automatically adjust to match.

Colouring

Select B/W to have GIMP create the image as a 2-color indexed image, Gray for a grayscale image, or Color for an RGB image (see 「画像の形式」 for a full explanation of these different image modes). If you select Automatic then GIMP will try to determine the most suitable mode from the contents of the file.

Try Bounding Box

If this is checked, GIMP will use the bounding box information in the PostScript file to determine how much of the page to use: effectively, this is equivalent to cropping whitespace from the edges of the image. It is possible for a PostScript file to contain no bounding box information, in which case this option will be ignored.

Antialiasing

You can choose to have GIMP apply antialiasing separately for text and for graphics in the imported image. Either Weak or Strong antialiasing may be applied: usually you should select Strong.