3.6. 鉛筆で描画

図14.72 ツールボックス上の鉛筆で描画ツールアイコン

ツールボックス上の鉛筆で描画ツールアイコン

鉛筆で描画ツールは固いもので描いたようなごつごつした線を手書きで任意に描くときに用います。 鉛筆と絵筆はよく似たツールです。 両者の主な違いは、 同じブラシを用いても、 鉛筆だけはその縁を一切ぼかさないことです。 ブラシの縁が既にぼやけていたとしてもそうなります。 アンチエイリアスもかかりません。

ではいつそんな奇妙なツールを使うことがあるのでしょう。 想定できるのはアイコンのような小さな画像を大きくズームして各々の画素 (ピクセル) まではっきりわかる場合の作業です。 鉛筆ツールならブラシの通った画素はすべて着色できるため狙ったとおりの作業ができるのです。

[ティップ] ティップ

鉛筆で直線を引くときは (その他数種のブラシツールと同じく)、 始点をクリックしたら Shift キーを押しながら終点をクリックすればできます。

3.6.1. 呼び出し方

  • 画像ウィンドウのメニューより ツール描画ツール鉛筆で描画

  • ツールボックスのツールアイコン

  • キーボードショートカット N

3.6.2. キー修飾 (初期設定)

Ctrl

このキーは鉛筆を スポイト に変身させます。

Shift

This key places the pencil tool into straight line mode. Holding Shift while clicking the mouse Left Button will generate a straight line. Consecutive clicks will continue drawing straight lines that originate from the end of the last line.

3.6.3. オプション

図14.73 鉛筆で描画ツールのツールオプション

鉛筆で描画ツールのツールオプション

一般的にはこのツールを起用すると、 そのツールオプションがツールボックスの下に繋げられたウィンドウ上に現れます。 そのようなウィンドウが見あたらないときは、 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログツールオプション と辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

モード; 不透明度; ブラシ; 動的特性; 動的特性のオプション; 散布; 手ブレ補正; ストローク中の重ね塗り
描画ツールの全般もしくは大多数に共通するツールオプションについての説明は 描画ツール共通のオプション をご覧ください。