2.8. 前景抽出選択

図14.34 ツールボックス上の前景抽出選択ツールアイコン

ツールボックス上の前景抽出選択ツールアイコン

このツールで実行状態のレイヤーもしくは選択範囲から前景を抽出できます。 このしくみは SIOX 方式 (Simple Interactive Object Extraction) がもとになっています。 ウェブサイトへは [SIOX] からどうぞ。

2.8.1. 使用法

このツールを使って選択をとるまでに 2 段階の手順があります。

  1. 切り出したい 前景を大まかに選択 します。 このツールを起用するとポインターの姿はなげなわツールのアイコンになります。 そのはたらきはファジー選択ツールそのものです。 背景はなるべく入らないようにします。

    マウスボタンを放した途端に画像の非選択部分が暗い青色のマスクで覆われます。 選択の輪郭が閉じられていなかったときは自動的に終点から始点まで直線で結ばれ閉じられます。 マウスポインターの姿はここから描画ブラシアイコンに替わります。

    図14.35 前景が大まかに選択された

    前景が大まかに選択された

  2. 前景内部に線を這わせます: 描画ブラシを用い (ブラシの大きさはオプションで変更可能)、 前景の残しておきたい色のある部分を通るように一筆書きで線を描きます。 線の色には意味が無いので何色でも構いません。 前景と異なる色を使うと作業しやすいでしょう。 背景の画素 (ピクセル) を通って塗ってしまわないように気を付けましょう。

    図14.36 前景に這わされた線

    前景に這わされた線

    この例では花の黄色い頭状花序のところに線が通っていることが重要である。


  3. マウスボタンを放すと、 非選択部分が暗くマスクをかけられます。

    図14.37 選択されるであろう領域

    選択されるであろう領域

  4. そして選択を確定するために Enter キーを押します。

    図14.38 前景が選択された

    前景が選択された

[注記] 注記

Enter キーを押すまでは、 Ctrl+Z によっても、 選択選択を解除 としても選択を取り消すことはできませんし、 作業履歴には何も記録されていません。 選択を途中で取り消すときは他のツールを起用するしかありません。

2.8.2. 呼び出し方

前景抽出選択ツールを呼びだす方法は 2 通りあります。

  • ツールボックスのツールアイコン

  • 画像ウィンドウのメニューより ツール選択ツール前景抽出選択

  • キーボードショートカットはありません。 しかし 設定 ダイアログのユーザーインターフェースのページで キーボードショートカット設定... ボタンをクリックしてキーボードショートカット設定ダイアログを呼びだし ツールアイコン前景抽出選択 と進めば、 任意にキーを設定できます。

2.8.3. キー修飾 (初期設定)

Ctrl

前景だけでなく背景も線を描いて抽出できます。 Ctrl キーを押している間は背景を選択する描線ができます。

2.8.4. オプション

図14.39 前景抽出選択ツールのツールオプション

前景抽出選択ツールのツールオプション

一般的にはこのツールを起用すると、 そのツールオプションがツールボックスの下に繋げられたウィンドウ上に現れます。 そのようなウィンドウが見あたらないときは、 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログツールオプション と辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

モード; なめらかに; 境界をぼかす
[注記] 注記

選択ツールに共通して使えるオプションについては 選択ツール をお読みください。 ここではこのツールに特有のオプションについてのみ取り上げます。

単一領域を抽出

このオプションを有効にすると、 描線された連続する領域だけが選択されます。 反対に無効にすると抽出された領域の色と同じ部分がすべて選択されます。

図14.40 単一領域を抽出オプションの効果

単一領域を抽出オプションの効果

同色の 2 つに分かれた領域。 左側の領域だけ塗られた。

単一領域を抽出オプションの効果

単一領域を抽出オプションが有効な場合は、 塗られた線に接した領域だけが選択される。

単一領域を抽出オプションの効果

単一領域を抽出オプションが無効な場合は、 離れていても両領域が選択される。


抽出部分の修正

選択をより繊細に行なうためのオプションです。

前景部分をマーク

既定のオプションです。 塗られる色はツールボックスの色領域に示される前景色です。 描線で覆われた画素の色が抽出に使われます。

背景部分をマーク

こちらのオプションをとるにはラジオボタンをクリックするほか、 Ctrl キーを押すだけの簡単な方法があります。 マウスポインターの姿は消しゴムアイコンに変化します。 使用される色はツールボックスの色領域に示される背景色です。 消された画素と同じ色の画素は選択範囲にあっても抽出されません。

小さいブラシ / 大きいブラシ

このスライダーで線を引くときのブラシの大きさを調節します。 小さいブラシは狭小細部にうまく合います。

スムージング

小さな値にすると選択範囲の境界が一層緻密になりますが、 選択範囲は内側に穴が空くかもしれません。

プレビュー色

画像の背景領域をマスクする色を赤・緑・青からひとつ選びます。

色感度

このオプションは L*a*b* 色モデルを使用しています。 濃淡の異なる同色が多い画像を扱うときは、 選択したい色に対する感度を上げてみましょう。