3.9. 消しゴム

図14.81 ツールボックス上の消しゴムツールアイコン

ツールボックス上の消しゴムツールアイコン

消しゴムツールは現在の活性レイヤーから部分的に色を取り除いたり、 そのレイヤーの選択範囲から色を消したりするときに使います。 透過効果のないもの (選択マスクチャンネルやレイヤーマスク、 あるいはアルファチャンネルのない背景レイヤー) に対して消しゴムをかけると、 そこには (ツールボックスの色領域で表示されている) 背景色が甦ります。 マスクの場合は選択範囲が変更されます。 透過効果ありの場合は、 ツールオプションの設定によって不完全もしくは完全な透過のいずれかが起こります。 レイヤーにアルファチャンネルを追加する方法については 「アルファチャンネルの追加」 で具体的に述べています。

図14.82 消しゴムとアルファチャンネル

消しゴムとアルファチャンネル

背景色は白。 画像にアルファチャンネルはない。 消しゴム (不透明度 100%) でなぞると背景色が現れる。

消しゴムとアルファチャンネル

画像にはアルファチャンネルがある。 消しゴムでなぞると透過する。


画像の一部分のいくつかのまとまった画素 (ピクセル) だけ、 今までそこにあった痕跡を残さず完全に消したいときは、 ツールオプションで ハードエッジ (強い輪郭) にチェックを入れます。 これを忘れると、 たとえブラシがハードエッジだったとしても副画素的に (サブピクセル) ブラシが入ってしまい描線の縁で不完全消去をひきおこしてしまいます。

[ティップ] ティップ

タブレットを使われる方は、 GIMP でも尖筆の逆端部についている消しゴムが使えれば便利だと思われることでしょう。 設定方法は、 ツールボックスの消しゴムアイコンを尖筆の逆端部でクリックするだけです。 尖筆の両端はそれぞれ別の入力デバイスとして扱われているので、 それぞれの入力デバイスに別々のツールを関連づけることができますから、 あとで消しゴム以外のツールと結びつけない限りはずっと消しゴムの機能が使えます。

3.9.1. 呼び出し方

このツールを起用する方法はつぎのいずれかです。

  • 画像ウィンドウのメニューより ツール描画ツール消しゴム

  • ツールボックスのツールアイコン

  • キーボードショートカット Shift+E

3.9.2. キー修飾

描画ツールに共通する修飾キーについては 「共通機能」 をご覧ください。

Ctrl

消しゴムツールは Ctrl キーを押している間はスポイトツールに変身しますので、 クリックした場所の画素の色が取り込まれます。 ただし他のブラシツールが描画色とするのに対し、 消しゴムの場合は 背景色 として取り込みます。 透過しない描画対象に対し消しゴムをかけるとその領域には背景色が塗られるため、 この方が都合がよいのです。

Alt

消しゴムツールは Alt キーを押している間は逆消しゴムモードになります。 逆消しゴムについてはツールオプションの節で説明があります。 システムによっては Alt キーがウィンドウマネージャーに奪われることがあります。 この場合はかわりに Alt+Shift の組み合わせを使ってみてください。

3.9.3. ツールオプション

図14.83 消しゴムツールのツールオプション

消しゴムツールのツールオプション

一般的にはこのツールを起用すると、 そのツールオプションがツールボックスの下に繋げられたウィンドウ上に現れます。 そのようなウィンドウが見あたらないときは、 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログツールオプション と辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

ブラシ; 動的特性; 動的特性のオプション; 散布; 手ブレ補正; ストローク中の重ね塗り
描画ツールの全般もしくは大多数に共通するツールオプションについての説明は 描画ツール共通のオプション をご覧ください。
不透明度

このツールでの 不透明度 スライダーは、 名前とは裏腹にツールの強度を示しています。 つまりアルファチャンネルのあるレイヤーに消しゴムをかけると、 不透明度を高く設定すればするほど透明度が増すことになります。

ハードエッジ

このオプションは描線の縁が不完全消去されるのを防ぎます。 上記参照。

逆消しゴム

逆消しゴムオプションのとき消しゴムツールで画像は部分的に反消去され、 完全透過な領域にも作用します。 この機能はアルファチャンネルのあるレイヤーでのみ効果があります。 ツールオプション上のチェックボタンに加え、 作業中には Alt キーを使ってもこのオプションを起用できます。 (もしも Alt キーがウィンドウマネージャーに囚われるのでしたら、 Alt+Shift を使ってください。)

[注記] 注記

逆消しゴムがいかにして効くのかを知るには、 消去の作用 (もしくは同じ意味での切り取り) が、 画像を含む RGB チャンネルのいずれでもなくアルファチャンネルにのみはたらくことを理解せねばなりません。 たとえ結果的に全く透明になってしまっても、 単に見えなくなっただけで、 RGB データは依然として残っています。 逆消しゴムの作用はアルファ値を増やすものなので、 RGB データは再び見られます。

[ティップ] ティップ

消しゴムツールはフローティング選択範囲の形状を変更するのにも使えます。 選択範囲の輪郭を消して刈り込むのです。