3.17. 暗室

図14.108 ツールボックス上の暗室ツールアイコン

ツールボックス上の暗室ツールアイコン

暗室ツールは現在手にしているブラシを用いて画像を明るくしたり暗くしたりするために使います。 画素 (ピクセル) に及ぼす効果の種類を定めるモードがあります。

3.17.1. 呼び出し方

このツールを起用する方法はつぎのいずれかです。

  • 画像ウィンドウのメニューより ツール描画ツール暗室

  • ツールボックスのツールアイコン

  • キーボードショートカット Shift+D

3.17.2. キー修飾 (初期設定)

Ctrl

覆い焼きから焼き込みに切り替えます。 Ctrl キーを放すと元に戻ります。

Shift

Shift places the Dodge or Burn tool into straight line mode. Holding Shift while clicking the mouse Left Button will Dodge or Burn in a straight line. Consecutive clicks will continue Dodge or Burn in straight lines that originate from the end of the last line.

3.17.3. オプション

図14.109 暗室ツールのツールオプション

暗室ツールのツールオプション

一般的にはこのツールを起用すると、 そのツールオプションがツールボックスの下に繋げられたウィンドウ上に現れます。 そのようなウィンドウが見あたらないときは、 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログツールオプション と辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

Opacity; Brush; Dynamics; Size; Aspect Ratio; Angle; Dynamics Options; Apply Jitter; Smooth stroke; Hard Edge
描画ツールの全般もしくは大多数に共通するツールオプションについての説明は 描画ツール共通のオプション をご覧ください。
種類

覆い焼きは色を明るくする効果があります。

焼き込みは色を暗くする効果があります。

範囲

効果を及ぼす対象を 3 つの階調から選びます。

  • シャドウ は最も暗い画素のみに限定します。

  • 中間調 は平均的階調の画素のみに限定します。

  • ハイライト は最も明るい画素のみに限定します。

露出

このスライダーはこのツールが及ぼす効果の強さを定めるものですから、 ほぼ写真現像の露出のように使えます。 スライダーの値は既定では 50 ですが 0 から 100 の範囲内で変更できます。