3.24. モジュール

モジュール コマンドは利用可能な拡張モジュールを表示し、 GIMP に読み込むべきものと読み込ませないものを調整できるダイアログを開きます。 モジュールは色の選択やフィルターの表示など、 いくつかの機能があります。 モジュールマネージャーの設定に変更を加えると、 次回 GIMP の起動時に反映されます。 いずれの変更も GIMP の機能上の制約や発展に影響し、 メモリーを占める容量や起動時の所要時間を増加・短縮します。

3.24.1. コマンドの呼び出し方

画像ウィンドウのメニューより 編集モジュール

3.24.2. モジュールマネージャーダイアログのご説明

図16.25 モジュールマネージャーダイアログのウィンドウ

モジュールマネージャーダイアログのウィンドウ

モジュールマネージャーのウィンドウは自在に読み込めるモジュールを表示します。

最初のチェックボックスをクリックして読み込むべきモジュールを選別します。 次回 GIMP を起動したときにチェックの入ったモジュールだけが自動的に読み込まれます。

モジュールを使うときになってはじめてこの変化に気付かれることでしょう。 たとえば描画色と背景色を選択するときに使われる 色を選択するダイアログ にはさまざまな機能があります。 タブ化された色選択機能のいくつかはモジュールマネージャーで該当するモジュールに読み込みチェックを入れている場合のみ利用できるようになっています。

図16.26 モジュール読み込みの例: カラーセレクターモジュール

モジュール読み込みの例: カラーセレクターモジュール

いくつかのカラーセレクターモジュールが読み込まれている

モジュール読み込みの例: カラーセレクターモジュール

いくつかのカラーセレクターモジュールが読み込まれていない


読み込まれたモジュールについてはダイアログで選択すればその情報がダイアログの下部に表示されます。

第 2 の欄ではモジュールごとにモジュールの用途が表示されます。 読み込まれていないモジュールはいずれもモジュールの保管場所のディレクトリーパスが表示されます。

更新 ボタンをクリックするとモジュールの一覧表が更新されます。 ディスク上から削除されたモジュールの行は消え、 新たに発見されたモジュールは追加されます。