6.23. Crop Image

You can crop image in two ways:

6.23.1. 選択範囲で切り抜き

選択範囲で切り抜き コマンドは選択範囲の最外縁から画像の縁まで完全非選択の短冊状の範囲が画像から切り取られます。 不完全選択 (たとえば選択範囲のぼかし) の部分は切り取られません。 選択範囲にぼかしが入っている場合は不完全選択の最外縁の外側で切り抜きが行なわれます。 画像に選択範囲が無いときはこのメニュー項目が灰色無効になっており使用できません。

[注記] 注記

This command crops all of the image layers. To crop the active layer only, use the Crop to selection command.

6.23.2. Crop to content

Before GIMP-2.10, this command was named Autocrop image. The Crop to content command removes the borders from an image. It searches the active layer for the largest possible border area that is all the same color, and then crops this area from the image, as if you had used the Crop tool.

[注意] 注意

このコマンドは 活性レイヤー だけを見て画像の外枠を判定するので十分注意してご利用ください。 活性レイヤーの境目に従い他のレイヤーもろとも切り抜く仕様になっています。

図16.79 Crop to content example

Crop to content example

この画像は 3 層のレイヤーからなる。 前面から順に赤い正方形、 緑の正方形、 半透明な黄色の背景レイヤー。 緑の正方形のレイヤーが活性化している。

Crop to content example

Crop to content has cropped the green square and made a layer from it. The other layers have been cropped to the same size as the green one. Only a small part of the red square has been kept.


6.23.3. コマンドの呼び出し方

  • 画像ウィンドウのメニューより 画像選択範囲で切り抜き