14.9. ソリッドノイズ...

14.9.1. 概観

図17.334 ソリッドノイズフィルターの使用例

ソリッドノイズフィルターの使用例

ソリッドノイズフィルター適用後 (乱れ有効)


Solid Noise is a great texture maker. Note that this noise is always gray, even if you applied it to a very colorful image (it doesn't matter what the original image looks like -- this filter completely overwrites any existing background in the layer it is applied to). This is also a good tool to create displacement maps for the Warp transform tool or for the Bump Map filter. With the "turbulence" setting active, the results look quite a bit like real clouds.

14.9.2. フィルターの呼び出し方

This filter is found in the image window menu under FiltersRenderCloudsSolid noise….

14.9.3. オプション

図17.335 ソリッドノイズフィルターのオプション

ソリッドノイズフィルターのオプション

Presets, Preview, Split view, Use selection as input
[注記] 注記

These options are described in 「Common Features」.

X サイズ, Y サイズ

これらのスライダーはノイズ形状の大きさと均整を水平方向 X と垂直方向 Y の値で調整します。 値の範囲は 0.1 から 16.0 までです。

詳細

この値は生成されるノイズの質感の細やかさを制御します。 高い値にするほど微細な描写になり、 噴霧器や小片を集めて作られたノイズのような硬い感じがします。 低い値にするとより柔らかな雲らしくなります。

タイル化可能

タイル可能 オプションを有効にするとタイル状に並べて使えるノイズが生成されます。 たとえばその画像を HTML ページの背景に利用すれば連接させても継ぎ目なしに展がります。

乱れ

このオプションを有効にしたときの効果はまるで水面に浮かぶ油か煙幕か生体組織かロールシャッハ紋のような見え方をします。

乱数種

この値でフィルターの作用を定める乱数を制御できます。 同じ状況で同じ乱数種を使うとフィルターは全く同じ画像を生成することになります。 乱数種が異なれば違う結果が出ます。 乱数種は整数値を任意に指定できるほか 新しい種 ボタンで無作為に生成できます。

乱数化 オプションを有効にすると乱数種の記入欄は灰色無効となって手動設定ができなくなりますが、 フィルターを呼び出すたびに無作為に新たな乱数種が自動生成されます。 このオプションを無効にしておくと最後に使用された乱数種が記憶され再び同じ乱数種が使用しやすくなります。