11.4. キュービズム...

11.4.1. 概観

図17.194 キュービズムフィルターの使用例

「キュービズム」フィルターの使用例

元画像

「キュービズム」フィルターの使用例

キュービズムフィルター適用後


キュービズム... フィルタープラグインは画像を加工して半透明のティシュペーパーの小片で組み上げられたような画像にします。

[ヒント] ヒント

このプラグインでは物足りないと感じはじめたら、 よりオプションの多い GIMPressionist フィルターをお試しください。

11.4.2. フィルターの呼び出し方

You can find this filter through FiltersArtisticCubism…

11.4.3. オプション

図17.195 キュービズムフィルターのオプション

「キュービズム」フィルターのオプション

Presets, Preview, Split view
[注記] 注記

These options are described in 「Common Features」.

タイルサイズ

タイルサイズ スライダーは正方形の大きさをピクセル単位で調節できます。 これで新たに生成される画像に使われる小さな正方形のティシュペーパーの大きさを決めます。 値は 0.0 から 100.0 ピクセルまでの範囲で指定してください。

タイル彩度

タイル彩度 スライダーは描かれる小さな正方形の色の強さを決定づける値を調節します。 この小片の透明度を変化させます。 高い値を与えると描かれる正方形はとても濃く描かれ、 重なりの下側になった正方形の色が見通せなくなります。 低い値を与えると重なりの下側の正方形も透けて見えるようになり、 上側の正方形の色と混じり合って見えるようになります。 もしこの値を 0.0 に設定して 背景色を使用する を無効にしたとすると、 レイヤー全体が黒く塗られることになります。 それを有効にしてこの値を 0.0 にしてみれば、 レイヤー全体が背景色で塗りつぶされることになるでしょう。 値は 0.0 から 10.0 までの範囲で指定してください。

背景色を使用する

このフィルターは画像のすべての色から小片を作り タイル彩度 に従ってその色階調を変化させて描きます。 タイル彩度が低いときは色階調は背景色が見えるようにします。 タイル彩度を 0.0 にすれば初期設定の黒が背景に現れるのがご覧いただけます。 背景色を使用する オプションを有効にするとツールボックスの色標識に示されている背景色が使用されます。 画像にアルファチャンネルがあるときは色階調は透過もします。

図17.196 背景色を使用するオプションを使用した場合の例図

「背景色を使用する」オプションを使用した場合の例図

元画像とツールボックスの色標識。 背景色はブルー。


図17.197 そのオプションが無効の場合

そのオプションが無効の場合

オプションは無効。 左図はアルファチャンネルなし、 背景色は黒になる。 右図はアルファチャンネルあり、 背景色は透過した黒になる。


図17.198 そのオプションが有効な場合

そのオプションが有効な場合

オプションは有効。 左図はアルファチャンネルなし、 背景色は青になる。 右図はアルファチャンネルあり、 背景色は透過した黒になる。


Clipping

The result of this filter can be larger than the original image. With the default Adjust option, the layer will be automatically resized as necessary when the filter is applied. With the Clip option the result will be clipped to the layer boundary.

[ヒント] ヒント

If you are using this to generate background images for web pages and the like, work with a small range of colors painted randomly on a small square. Then apply the Cubism filter with the desired settings. As a last step, try Tile Seamless to adjust the image so it will tile seamlessly in your background.